ドイツ、韓国・ロシアのG7参加(G7の拡大)に反対表明

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

ドイツの外務大臣が、「G7参加国の拡大に反対」を表明しました。韓国としては「ドイツに見習え」が「どいつに見習えと言えばいいんだ」になりそうです。

以下、聯合ニュースの『ドイツ、韓国・ロシア参加G7拡大に反対』という題の記事から、部分引用してみます。

<主要7カ国(G7)首脳会議にロシアと韓国などを参加させ、加盟国を拡大しようとするドナルド・トランプ、米国大統領の構想にドイツが反対するという立場を出した。ハイコ・マース ドイツ外相は26日(現地時間)、日刊ライニシェポストとのインタビューで、「G7とG20は、合理的に組織されたシステム」とし「今は、G11やG12は必要ない」と述べた・・

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

・・トランプ大統領は先月、ロシアと韓国など4〜5カ国をG7に加入させて会議体を再編しようという構想を出した。この構想通りなら、ロシアは、ウクライナのクリム半島を併合し、他の加盟国の反発を買って、2014年主要8カ国(G8)から排除された後、数年ぶりに復帰することになる。

この日マース長官は、ロシアが会議体から抜けた理由を思い出しながら、「これに関連した解決策がない限り、ロシアの復帰の機会はないだろう」と強調した。ただし彼はドイツとロシアの関係が「多くの分野で困難な状況」としながらも「ウクライナとリビア、シリアなどの紛争を解決するには、ロシアが必要だ」と付け加えた。先に英国とカナダも、ロシアの復帰に反対している。日本は韓国のG7参加に反対する旨を米国政府に伝達したことが分かった(ソース記事:聯合ニュース、外部リンクです)>

 

いつだったか、日本政府は「参加国の拡大に反対するのは、日本だけでなくG7全体の意思」という趣旨を話したことがあります。結局、それが正解だったということでしょう。ソース記事のコメント欄では『ドイツと日本は同じ戦犯国』『ドイツ車不買しましょう』『日本のロビーにやられましたね』などのコメントが目立っています。

 

 

 

最近、本ブログ、拙著の広告関連でアマゾンと楽天の間で落ち着きのない姿を見せています。本当に申し訳ありません。最終的にどうするかはもう少し後で決まることになりそうですが、せめて今までより読みやすい配置にできるよう、頑張ります。

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5