『アンチで始まる社会には、可能性など無い』

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

ただいま!帰ってきました。後で写真でも載せてみます。

毎回毎回「曇る」内容ばかりの本ブログですが、今日は相対的に薄く曇る(曇らないとは言ってない)ということで、韓国の『女性学』学者チョン・ヒジン氏の韓国社会観を一つ紹介します。基本的に、『アンチで始まる社会に可能性は無い』です。すなわち、ある事案に無条件で嫌悪をぶつけるような社会は、発展の可能性など持っていない、という趣旨です。

筆者はこの「アンチの対象とされるもの」として、日本、北朝鮮、検察、言論を挙げています。それら4つに対して、韓国社会は無条件的な『アンチ』になる人たちが多すぎる、というのです。北朝鮮と聞いて無条件でアンチになるようでは、検察と聞いて無条件でアンチになるようでは、何の可能性も期待できない、というのです。

以下、ちょっと引用してみます。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<・・日本、北朝鮮、検察、マスコミ… 。日常と価値観が、特定のターゲットに対するアンチで始まる社会は、可能性など無い。人々は、外部の敵を嫌悪するようだが、実際には絶対的な支配者としているにすぎない。維新独裁や5共和国時代、反・北朝鮮、反共を口実に統治権力が暴走していたとき、国民は息を殺した。今は保守・進歩勢力の動向に応じて、人々はそれぞれの陣営に集まってデモを繰り返す。お互いが相手を「積弊」と糾弾するが、敵の指示通りに動いている形である。 ← ※外部の敵が内部の問題を打ち消す効果を持つため、見方によってはその外部の敵のほうが支配者のようだ、という皮肉です、多分※

 

「おかげで」、内部の不法と不倫は、陣営の後ろに隠れることが出来る。相手の間違いは誇張し、味方の間違いは庇い尽くす。 「組み分け」は、頻繁に行われる合従連衡の政治であるべきで、検察とマスコミを基準にして定められるべきではない。「事案ごとに真実は違う」という話だ。

1994年、ルワンダの集団虐殺は、植民地支配者であるベルギーの分離統治の遺産であった。先住民族であるフツ族と少数民族であるツチ族間の戦争で100万人以上が死亡し、200万人が難民となった。両種族の間には「見た目」の区別は無かった。 「あの人がフツ(またはツチ)族です」という、他人の指の方向が生死を決定した。他人を指名した人だけ、生き残った。韓国戦争当時、村の虐でも同じことがよくあった。ルワンダ事態で機能していた論理と、韓国社会。果たし大差があるのだろうか(ソース記事:京郷新聞、外部リンクにご注意を)>

 

 

「あいつは敵のウリです」と言われた人は、潰される。その人を「敵です」と言った人は、生き残る。その恐ろしい力によって、ウリの内部問題は隠れることができる。だからこそ、アンチで始まる社会に可能性は無い・・・そういう話です。

本ブログで何度か同じ文章を書いた記憶がありますが・・「誰かを悪いと言うことこそが、私は悪くないという証明になる」、韓国社会の致命的な問題点。だから、アリス・ウィートン氏の喩え話に出てくる「嫌われ者は追い出される洞窟が、世界の全てである人たち」みたいに生きるしかない・・その話とも、部分的にオーバーラップするのではないでしょうか。

 

ただ、引用した内容に一つだけ反論しますと、そこに『日本』が入るのは、間違っています。なぜなら、北朝鮮、検察、言論は、すべて「味方と敵」がいます。優勢か劣勢かの差はあれど、少なくとも軍事政権が崩れてからは、擁護する人も、敵対する人もいました。しかし、日本は、『親日』というのはあまりにも無力です。潰されるか否かではありません。「いつ潰されるか」の問題にすぎません。その圧倒的な差があっては、「ウリとナム」すらも成立しないでしょう。韓国においても北朝鮮においても検察においてもマスコミにおいても、ただの『失敗作』でしかない反民族行為者たち、それが親日な人たちです。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (128)

“『アンチで始まる社会には、可能性など無い』” への47件の返信

  1. ブログ主が何を言いたいのかさっぱりわからんな。
    韓国人の定義する親日は単なる思考停止であって何かを意味するものではないし。

    韓国はまともな人間がまともに育った結果反日を自然に体現するまともな韓国人になる国なのですから。
    あらゆる日本製品に親しみ日本に住み日本の習俗に馴染み日本語をいかに上手く操ろうともまともな韓国人であるならその根底には日本がすべての悪であるという認識が刷り込まれているのですから。

    まぁブログ主は親日ではなく嫌韓によってたつきを得る媚日だから彼らよりは日本に馴染めるかな。

      1. 反日と嫌韓がないとおまんまの食い上げになっちゃう立場になるからね、そりゃもうより熱心に煽るだろうねぇ。

        社会の中では本人の資質に関係なく置かれた立場で人の行動は決定されるのだ。

        1. >社会の中では本人の資質に関係なく置かれた立場で人の行動は決定されるのだ。

          シンさん絡みで言うならば、要するに、現在の結果(あるいは現状)からそれに至る因果関係を推測し、「このようにその行動は決定された」という理屈ですね。個人の能力や恣意他はパラメータとして偏差が大きいから考慮に入れないと言う、ずいぶんな決定論ですね。
          実際、シンさんが今何を考えているかわからないし、また、

          >反日と嫌韓がないとおまんまの食い上げになっちゃう立場

          なのかもしれません。
          ただ、歴史の中での個人の行動や個人史という狭い範囲に限っての行動や思索についても、後付けの決定論では見えてこない何かがあると思っています。
          そんなものはそもそも意味がないというニヒリズムには賛成できません。

          1. 決定ではなく意味づけられるとした方が良かったかな。

            意味なんてもんは存在のごく一部分を評価する方便に過ぎないんですよ。

            だから存在というものにはあらゆる意味があり同時に意味がないのです。

            ま、屁理屈だけどね。

            俺の考える理想の日韓関係は

            A 俺は日本人だ。

            B そうか、俺は韓国人だ。

            Aそうかそうか、では一緒に慶應大学病院向かいの交差点でいつも立ってるスーツの人に道聞いて池○先生のお話聞きに行こうぜ。

            という互いになんの屈託もないものなので。

            今となっては日韓双方の国民全てが記憶喪失になるしか無いくらいしか実現の方法が思いつかないけどね。

        2. シンさんが今のところ国内で安全だとしたら、、民団さん達はシンさんが日本国籍習得を望んでいるのだと思う。
          人気があるシンさんを民団が利用しないとは思えないんだよね。
          そう言った意味での話しです。

  2. 韓国におけるアンチの定義は無条件の否定なんですね。
    日本でもネットスラングとしてならばそういう用法の
    ケースはあるにしても、相対的な話に善悪はないはず。

    相手がどうあろうとも共存を否定するスタンスには
    アンチとはまた別の概念が必要になると思います。

    和製英語としてのアンチは反や対を意味してませんね。
    どっちかというと嫌としての使われ方が主流かも。
    たとえばアンチサヨクはウヨクとはならないように。
    韓国みたく単純な二元論的区分にはなりえないかと。

  3. 「日本へのアンチ」は、絶対的なのか。
    これは、もっとも重要な論点なので、また持論を述べますが、
    私は、韓国の「反日の絶対性」というのには、懐疑的なのです。

    「保身」なら「100%の完全な原理・基準」と思われるのですが。
    「反日」は「保身の原理の状況に即した表現型」でしかないだろう、と。
    つまり「状況に即した表現型でしかない【反日】」は「完全な基準」のように見えていても、状況が変われば内容が変わる、すなわち、いつでも「反転」の可能性が有る、と。

    朝鮮思考において「絶対に反転しない価値基準」は「保身」しか無いと思うのですが。
    その「保身」さえ「保身すべきウリ」の範囲が融通無碍に変化しますから、安心できない。
    「核心」は保持されるのでしょうが、どこからが「保身するべき核心」なのか、他の文化圏からは、よく分からない。
    必要とあらば、「自分の親でも子でも捨てる、殺す」しかも「自分の後頭部」さえ、岩に叩きつけます。

    もしかしたら「核心」が無いのかなあ。
    龍樹菩薩の説くところの「空」を体現しているのでしょうか。
    ………
    いやいや、そうではないですね。
    「核心」を「捻じ曲げる、変質させる、範囲を変える」ために、膨大な精神エネルギーを費やし、物的資源も人的資源も無駄遣いして、その「あらゆるモノを無駄に費やす事の無念」もまた「恨」として蓄積するわけで。
    ………
    いったい、何なのでしょう…
    ………
    ちょっと「涅槃」に漂ってました。
    現世に戻って来たので、言い直します。
    「韓国のやることは【反日】さえ、信じてはいけない」

    「反日」にも「アンチ」の付く日が、来ないとは限りません。

    1. わたしは、反日は必ずひっくり返ると思っています。

      韓国人は、彼らが主張するような反日に殉ずる民族では絶対にない。

      日本が強者となったとき、必ず朝鮮人はすり寄って来るのです、日韓併合のように。

      1. 日本が再び強者と呼ばれる類になることは無いので、すり寄ってくることは無いですね。
        強者って意味がどういう意味なのか不明ですが。

        例え、中国よりも強者になったとしてもすり寄ってこようが信用、信頼が無いので袖払いするだけです。

    2. 「日本へのアンチ」は、絶対的だと思います。憲法の精神から反日で出来上がっていますし、戦前の日本統治時代に生きて実情を知っている人は減っていく一方で、戦後生まれで、生まれた瞬間から反日教育を刷り込まれた人しかいなくなるのです。どのような時代で、実際に人々がどのような暮らしをしていたのか真実は知らないのに、教え込まれた通り、世界最悪の植民地政策で、日本は韓国から全ての物を搾取した”絶対悪”と信じ込んでいる。惨めな過去の歴史を否定し、捏造してでもそうでなければならないのです。ましてや、自分達より劣る日本人に支配されていたなど、あってはならないことなのです。反日は韓国で原理主義に進化した、もしくは宗教のような絶対的な正義であるので、それに逆らうことは反逆者として社会的に抹殺されるし、下手をすれば命すら奪われることになりかねないのです。例え、本心では反日ではなくても、それを表明することはできないし、シンシアリーさんのように脱出できない人は、反日であるフリを続けなければならないので、「保身の原理の状況に即した表現型」のような人もいるかもしれませんが、表面上は同じに見えるし、今後はそのような人もいなくなって行くような気がします。

    3. >「核心」は保持されるのでしょうが、どこからが「保身するべき核心」なのか、他の文化圏からは、よく分からない。
      必要とあらば、「自分の親でも子でも捨てる、殺す」しかも「自分の後頭部」さえ、岩に叩きつけます。

      わからない部分は「必要とあらば」の「必要」がどのような「核心」からどのように、どんな場合に発現するのか?ではないでしょうか。
      市長が自死(陰謀、暗殺説は置いといて)がどんな韓国人的合理性があったのか。同じように見える他の類型では、同じことが起こらないのはなぜか?
      そんなところから考えてみたいと思います。
      「ちゃう!」なら早めに教えてください。

      1. すみません。

        >市長が自死(陰謀、暗殺説は置いといて)がどんな

        は、

        「市長の自死(陰謀、暗殺説は置いといて)にどんな

        です。
        ふう、危うく〇〇さんになってしまうところだった。

      2. それは、肝腎なところなので、補足が必要ですね。
        おっしゃる通りです。
        「必要とあらば」の【必要】の意味が、全然分からないわけですよ。

        ふつうの文化圏ならば「必要とあらば」の意味が分かります。
        誤解に基づくものだったとしても、状況が判明すれば「何をどう誤解して、己の後頭部を岩に叩きつけたのか」が分かるのですが、
        朝鮮文化圏の人の場合、
        1、状況認識
        2、本来の意味での「必要」の意味を、どう理解したか
        3、その行動が必要性を満たすのかどうか
        これらが、支離滅裂なのですね。

        すべてを「なんとなく」やってるのかも知れません。
        核心は、やはり「空」なのか。
        「虚」である事は明らかですが。

        核心に「何かものすごくどうでもいいくだらないこと」が入っているのだろうと想像もできます。
        例えば「ウリに反論したやつを罵るのは、絶対正義」とかね。

        ところが「論敵を罵る」のが核心かというと、正確に言えば、違います。
        「論敵」もデタラメです。
        時折「罵る」もデタラメになります。

        「ああ、ウリは、いま、論敵を罵って、辱めを与えているニダ」と「感じている事」が、すべてなのでしょう。

  4. ネットのマンガで、学校で先祖が親日派と言われた人々が次々に消えて行き、主人公がそれを当然と思っていたマンガ、シュールで好きです。

  5. 割と何度も述べていることだけど、悪いのはアンチではないのです。

    じゃあ何が悪なのかといえば、「悪いことを言う自由を認めない」というのが悪なのですね。

    「わたしはあなたの意見には反対だが、あなたがそれを言う自由は守る」
    何度も言っているがこれなのです。

    アンチを禁止することも、また全体主義への道なのですよ。例えばムン・ジェインへのアンチを禁止したら、シンシアリさんは納得するのでしょうか。

    アンチが良くないのは、アンチは物事を発展させることがないからです。

    1. では、ヘイトスピーチ条例が出来た日本、BLM運動で反対または諫める言動が出来ないアメリカ、水害で助けてくれない人民軍に対して「打倒、共産党」と電話口で言って結果助けられた中国も全体主義にまっしぐらですね。

      1. まっしぐらかねぇ。BLMの生きすぎた行為は、わたしはトランプに味方すると思ってるけど。

        打倒共産党は、嗤うところ?

  6. 自暴自爆とはこのこと。
    自分で作り出したモンスターが勝手に暴れ出した。
    もう止められない。
    ハーメルンの笛状態。

  7. >『親日』というのはあまりにも無力です。

    でも幻想として、もっとも強大で、社会を支配するような何かにはなっていそうですね。

    100年経って「日本、北朝鮮、検察、マスコミ」の中で、マスコミはともかく、日本は依然として残っていそうです。

    1. だんな 様

      <失敗作は、韓国じゃなかったニカ?>
      その通りニダ!
      悪しき半島居住の「機能的文盲のハングル愚民」が、米国の傀儡で李承晩を大統領に据えて、棚ぼた独立をして、超汚染戦争に突入、
      自国民を北&南超汚染で300万人を虐殺して、今に至る!
      真っ赤な文在寅政権は、北超汚染の下僕に成り下がり、
      与正姫の言いなりになり、国家解体中!
      近いうちに、南北で粛正が始まり、虐殺民族になるニダ!
      日本は高見の見物で、超汚染の難民は拒否ニダ!

      1. だんな様
        いちいち全て同意致します。
        序に、南北朝鮮人不法移民とその子孫で日本国籍を有さない「朝鮮人」はPDSで本国送還するニダ。
        PDSを実施する為の資格なら全部持っているニダ。
        降下長・玉掛・床上操作式クレーン全部あるニダ。
        見ているか「朝鮮人」これが軍務を終えた一般的な日本人の感覚ニダ。
        オマ鰓は単なるペイロードにしか過ぎないニダ。
        そして、ペイロードになる為の選択もオマ鰓がして来たニダ。
        ウリはまだ優しいから、PDS梱包してやるべきと思うニダ。
        冷たい人なら、後部ハッチを開いて戦術機動すれば済むと考えるニダ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。