韓国紙「日本は国際法的に出来ることが無い。だから民間を苦しめる」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

「やはり、こういう認識でしかないのか」とよくわかる主張があったので、紹介します。「韓国の現金化(韓国内日本企業の資産売却)に対して、日本は国際法的に出来ることは無い。韓国が応じないと国際司法裁判所に行くこともない。だから日本は外交的な方法、韓国の民間企業を苦しめる方法で復讐してくるだろう」という記事です。

引用終わってからもう少し書きたいですが、韓国はこの件によって、基本条約を破った国際法違反状態になっています。その韓国がこんな主張を展開すると、『国際法は破ったもん勝ち』という主張にしかなりません。

以下、どちらかというと保守支持とされる、アジア経済の記事から部分引用します。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<(題)国際法上対応カード無い日本、外交報復か

(見出し)日本政府の主張「仲裁委員会の構成・国際司法裁判所提訴」/国の同意なしには不可能…国際法上使えるカード無し/昨年のように、民間企業に報復など外交葛藤の可能性

韓国の裁判所が日本に強制徴用企業日本製鉄(旧新日鉄住金)の現金化手続きを進めても、日本政府が国際法を適用して使えるカードは無い。そのため、昨年、日本が強行した輸出規制よりも強化された外交報復が相次ぐだろうとの懸念が出ている。

30日、国際法の専門家と法曹界などによると、日本が国際法上対応できる方法は、仲裁委員会の構成と国際司法裁判所提訴などが挙げられるが、これは相手国の同意なしには不可能である。現在、我々の政府は、「1965年韓日請求権協定で個人請求権が消滅したわけではない」と日本政府の仲裁委員会の構成などの主張に応じないでいる・・(ソース記事:アジア経済、外部リンクにご注意を)>

 

 

これもなにかの「マニュアル」があるのかもしれませんが、韓国に『韓国が国際法違反状態にある』とする意見を出す人はいません。日本が国際法的に困っているから、韓国が国際法違反だと苦しい言い訳をしているだけだ、そういうのが韓国側の共通した主張です。

基本条約、請求権関連で書いてある『完全かつ最終的に解決』は、国と国の間の請求のことです。個人、法人、政府、全てがそこに含まれています。韓国がよく持ち出す「個人請求権」も、韓国の個人が韓国に対して問題提起するならともかく(しても無駄でしたが)、国家間の請求は完全かつ最終的に解決されました。

 

確か、前にも同じ趣旨を書いた記憶がありますが、重要なのは「なにが」完全かつ最終的に解決されたのか、です。基本条約、請求権関連本文にはこう書いてあります。「両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題(が、完全かつ最終的に解決された)」。

日本も韓国も、賠償だろうが補償だろうがその他いろいろ、『国家間』の請求はもうできません。残るは、両国(日韓)それぞれの国内問題です。だからこそ、右派の朴正煕氏も左派の盧武鉉氏も、補償とか賠償とかぶっぶつよ文句言いながらも、韓国政府が韓国民に補償しました。国内問題だったわけです。

個人賠償請求権が残っているのか?日韓それぞれの『国内』での判断なら、その国で議論すればいいでしょう。韓国の最高裁の個人賠償判決の問題も、『個人請求権はまだ生きている』とするそれ自体が問題ではありません。その賠償を行う側が韓国ではなく日本(個人、法人、政府)側だとしたのが問題です。韓国政府や韓国企業が支払うべきだとするなら、それは韓国の言う『司法を尊重する』も成立したのでしょう。それを日本側に賠償せよとした時点で、国際法違反が発生しました。だから、本エントリーのアジア経済の主張は、『国際法って先に破ったほうが勝ち』としているものにすぎません。そして、こう言っているわけです。『日本は、国際法的に出来ることが無いから、民間を苦しめる』。見苦しさこの上なし、です。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (172)

“韓国紙「日本は国際法的に出来ることが無い。だから民間を苦しめる」” への83件の返信

  1. >日本は国際法的に出来ることが無い。だから民間を苦しめる
    これって、超ストレートに韓国の事じゃん。

  2. 政府の責任が、最終的に国民に回って来るのは、当たり前だと思いますけどね(日本人的発想)。
    総選挙で韓国人は、それを支持したんだから、救いようが無いでしょう(日本人的発想)。

  3. ブログ主様には申し訳ないが、やはり朝鮮人は独立
    国家の運営ができない民族だと思いますね。
    国際法を理解せず、自分たちに都合だけですべてを
    判断し嘘も平気で他国を貶める。こんな集団は独立
    国家ではなく中国あたりの一民族として生きていけ
    ばよい。
    国際交渉の場に顔を出してはいけない民族でしょう。

  4. そもそも輸出管理の強化を制裁だなどと勘違いしているのが大間違い。
    あんなもんが制裁なわけがないだろう。
    制裁とはどういうものか、身をもって知ればいい。

  5. 慰安婦像や土下座像も国際法違反だが ウィーン条約27条には 条約の不履行を正当化する根拠として 自国の国内法(判決)を援用することができない とある 日本の政府やマスコミが何故はっきりと言わないのかが不思議でならない。

    1.    第二節 条約の無効
      第四十六条(条約を締結する権能に関する国内法の規定)1 いずれの国も、条約に拘束されることについての同意が条約を締結する権能に関する国内法の規定に違反して表明されたという事実を、当該同意を無効にする根拠として援用することができない。ただし、違反が明白でありかつ基本的な重要性を有する国内法の規則に係るものである場合は、この限りでない。

      ただし、、、、

  6. 韓国人って、自分達への反論、反証などを全て「苦しい言い訳」の一言で片付けてしまうんですよね。自分達は常に正しいという固定観念の賜物なのでしょう。仮に自分達の主張が何の根拠も無く、不合理で不法であり、相手の反論が多くの根拠を揃え、論理的で法にも則っていたとしても、それでもなお自分達は正しいという意識は揺るがず、相手は言い訳しているだけだと切って捨てる。これではまともな議論なぞ出来るわけが無い。

  7. 韓国政府が国際法無視して行動した結果が韓国の民間企業が苦しむ原因になるけど日本が悪いのでウリは正しいニダ。

  8. 今後も韓国は自由に国際法違反を繰り返すことができます。

    日本が、日韓基本条約を破棄しない限りは。
    日本が条約違反を咎めない限りは、韓国は条約を破りたい放題、やりたい放題なのですよ。

    日本人が覚悟を決めない限りは、韓国はやりたい放題なのです。

    1. あ、また七誌さんが「日韓断交論」を唱えている!
      これは一大事。
      日韓断交論を、潰してしまわなければ、大変なことになる!
      出でよ!大アジア主義者!
      出でよ!バカなネトウヨ!

      最近の韓国は「国際法違反を繰り返して」はいますが、自由なようには見えません。
      だって、日本が「非道な報復」を繰り広げてるでしょ。
      前は、何をしても「遺憾砲」を撃たれるだけだったのに。

      韓国の特徴として「調子に乗る」が有ります。
      調子に乗ってるうちに「国際法違反」のレベルが「ケンチャナヨ」じゃなくて「けんちょ」になって来たのです。

      日本は、まあご指摘の通り、腰の引けた対応ですが、
      「韓国が100やらかせば、1やり返す」ぐらいは、して来たわけで。
      今は「韓国が1000ぐらいやらかしてるので、20ぐらいやり返してる」のです。
      さすがに、やりたい放題、ではなくなってます。

      つまりね「基本条約の破棄」が唯一の手段ではなくて、反撃方法は色々ある、という事。
      理解したくないでしょうけどね。

  9. 「庇う」という認識が出来ていない。
    ドラマなんかでありますね。
    「おっと、あんたの相手になるのは俺だ」と弁護士や(格闘ものなら)上位の段位者が名乗りでるシーン。
    あまりにレベルが違う、分野が違う、差がありすぎて土俵が成立していないという場合、考慮というのか調整するような働きが人の社会ではある。
    民間、個人が、条約や日本政府によって苦しんでいるというなら、(それも韓国政府のせいなんだけど)力に差があるのは当然なのだから、対応するのは韓国政府でしょう。
    なにバックレてるのよ!
    上下関係を大変気にする割に、上位は下位を庇っていない。
    よくそんな政府の国民でいられるわ。

    1. 日本人は、というか、ほとんどの「文化圏」の人たちが、そう感じるでしょう。

      今更ですが、朝鮮文化だけが突出して「ノブレス・オブリージュ」の意味が反転しています。
      「貴顕に法は及ばず」という中華文明の価値観のカリカチュアなのですが。
      中華文明では、単に「身分や地位の高い者」は、「責任の取り方が、下々と違う」だけなのですが、
      朝鮮文化では、それがエスカレートして、「身分や地位の高い者」は、【一切の責任を取らない】に変質しています。

      「さあ、戦おうじゃないか」と迫られると、
      「きさまの相手をするのは、ウリではない」
      と言い捨てて、手下に戦わせて、
      肝腎の責任者は、逃げます。
      「後方で、戦局の全体を観て、戦略を決定するため」では有りません。ただ「実務を一切しないから」であり「危ない目に遭いたくないから」であり「戦うのは下賤の者の役目」だから、です。

      数百年も続けば、それが「異常」だと感じなくなるわけですね。
      文化人類学的には、とても興味深い現象だと思います。

      朝鮮文化のために弁護しますと、
      「徳を身に付けた者が、きちんと儀式を行って、天地の気を整える」のが、民族全体にとって、もっとも必要不可欠な最大最高の価値ある仕事、という事になってるからです。
      その他の事は、すべて「どうでもいい雑務」なので下賤の者の仕事、と。
      この屁理屈を、500年以上かけて、民族全体が体に沁み込ませたのです。
      バカだと思うでしょ?
      バカでは有りません。バカをはるかに超えています。
      この「論理」の裏には「批判する者」を排除する暴力が確固として有る訳ですから。
      人間集団は、どのような「狂気の体制」も造れるのです。

      そして、この狂気の体制の効果で「朝鮮王朝」は、500年続いたのです。どれほど幸運だったか分かりますよね。

      王朝の幸運は、そのまま民衆の不幸でしたが、朝鮮民族は日本から離れた後、なぜか、この「狂気の体制」を選びました。
      支配階級にとっては、とても便利だから、でしょう。
      そして、みんな「支配者側」だと思い込んでいるのですよ。

      1. とろいや 様
        鋭い正確な情報の分析、有難う御座います。

        <皆な「支配者側」だと思い込んでいるのですよ>。

        だから、皆「機能的文盲のハングル愚民」と言われるニダ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。