韓国紙「日本は国際法的に出来ることが無い。だから民間を苦しめる」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

「やはり、こういう認識でしかないのか」とよくわかる主張があったので、紹介します。「韓国の現金化(韓国内日本企業の資産売却)に対して、日本は国際法的に出来ることは無い。韓国が応じないと国際司法裁判所に行くこともない。だから日本は外交的な方法、韓国の民間企業を苦しめる方法で復讐してくるだろう」という記事です。

引用終わってからもう少し書きたいですが、韓国はこの件によって、基本条約を破った国際法違反状態になっています。その韓国がこんな主張を展開すると、『国際法は破ったもん勝ち』という主張にしかなりません。

以下、どちらかというと保守支持とされる、アジア経済の記事から部分引用します。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<(題)国際法上対応カード無い日本、外交報復か

(見出し)日本政府の主張「仲裁委員会の構成・国際司法裁判所提訴」/国の同意なしには不可能…国際法上使えるカード無し/昨年のように、民間企業に報復など外交葛藤の可能性

韓国の裁判所が日本に強制徴用企業日本製鉄(旧新日鉄住金)の現金化手続きを進めても、日本政府が国際法を適用して使えるカードは無い。そのため、昨年、日本が強行した輸出規制よりも強化された外交報復が相次ぐだろうとの懸念が出ている。

30日、国際法の専門家と法曹界などによると、日本が国際法上対応できる方法は、仲裁委員会の構成と国際司法裁判所提訴などが挙げられるが、これは相手国の同意なしには不可能である。現在、我々の政府は、「1965年韓日請求権協定で個人請求権が消滅したわけではない」と日本政府の仲裁委員会の構成などの主張に応じないでいる・・(ソース記事:アジア経済、外部リンクにご注意を)>

 

 

これもなにかの「マニュアル」があるのかもしれませんが、韓国に『韓国が国際法違反状態にある』とする意見を出す人はいません。日本が国際法的に困っているから、韓国が国際法違反だと苦しい言い訳をしているだけだ、そういうのが韓国側の共通した主張です。

基本条約、請求権関連で書いてある『完全かつ最終的に解決』は、国と国の間の請求のことです。個人、法人、政府、全てがそこに含まれています。韓国がよく持ち出す「個人請求権」も、韓国の個人が韓国に対して問題提起するならともかく(しても無駄でしたが)、国家間の請求は完全かつ最終的に解決されました。

 

確か、前にも同じ趣旨を書いた記憶がありますが、重要なのは「なにが」完全かつ最終的に解決されたのか、です。基本条約、請求権関連本文にはこう書いてあります。「両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題(が、完全かつ最終的に解決された)」。

日本も韓国も、賠償だろうが補償だろうがその他いろいろ、『国家間』の請求はもうできません。残るは、両国(日韓)それぞれの国内問題です。だからこそ、右派の朴正煕氏も左派の盧武鉉氏も、補償とか賠償とかぶっぶつよ文句言いながらも、韓国政府が韓国民に補償しました。国内問題だったわけです。

個人賠償請求権が残っているのか?日韓それぞれの『国内』での判断なら、その国で議論すればいいでしょう。韓国の最高裁の個人賠償判決の問題も、『個人請求権はまだ生きている』とするそれ自体が問題ではありません。その賠償を行う側が韓国ではなく日本(個人、法人、政府)側だとしたのが問題です。韓国政府や韓国企業が支払うべきだとするなら、それは韓国の言う『司法を尊重する』も成立したのでしょう。それを日本側に賠償せよとした時点で、国際法違反が発生しました。だから、本エントリーのアジア経済の主張は、『国際法って先に破ったほうが勝ち』としているものにすぎません。そして、こう言っているわけです。『日本は、国際法的に出来ることが無いから、民間を苦しめる』。見苦しさこの上なし、です。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (172)

“韓国紙「日本は国際法的に出来ることが無い。だから民間を苦しめる」” への83件の返信

  1. >韓国の個人が韓国に対して問題提起するならともかく(しても無駄でしたが)

    無駄ではなくて、文(現大統領)も参加していた廬武鉉政権時代に「日本政府には請求できないから韓国政府が面倒をみる」となっていたはずです。
    ttps://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/181030/mcb1810301800012-s1.htm
    だからこそ、日本政府は文大統領を信用できないわけで。

  2. アメリカの経済が減速して、韓国の対米輸出は死亡フラグが立ちました。
    ここで日本が金融を締めれば、韓国は民間企業どころか国そのものの経済が破綻します。
    つまり日本としては、韓国そのものを狙ってるので、民間企業なんざどうでも良い。

  3. 国際、国内問わず法律に対する認識が滲んでるなぁ。
    この「有利に働く場合には武器とするが、不利に働く場合は無視すれば良い」
    って認識が、南シナの領有権問題に対する中共の態度とそっくりですわ。

    この判決を突き詰めて考えると、韓国の正統性と建国神話の崩壊に繋がりかねないのですよ。
    最悪の場合は北朝鮮に「韓国司法が韓国の正統性を否定した」証拠として利用されるのではないか?

    個人請求権がど~のこ~のと言って、韓国は思考停止したまま、金氏朝鮮として統一されて地獄を見ればよい。

    日本政府は同規模の資産差し押さえ、ビザ復活だけでよいのです。
    韓国人は判決文をしっかり読んで欲しいところ。
    韓国人全員が、賠償金を受け取れる可能性がある事に気付いて欲しいのです。

  4. 国家間の請求権の問題は条約と協定で解決している、というと、「個人請求権は残っている」と反論する人は、韓国内だけでなく、日本国内にもたくさんいますね。ネット空間の話ですが。
    国家間の話と個人の話をごっちゃにして。

    韓国ではロボットに定型文登録されてると思います。

    多分、今理解していない人は、いつまでたっても理解しないと思います。
    3つ以上の主語が出てくる話は理解できないんですよ。

  5. シンシアリーさん こんにちは。

    >『日本は、国際法的に出来ることが無いから、民間を苦しめる』
    制裁措置がどうなるか知りませんが、ガツンとしたものなら個人的には嬉しいですが、生温かったとしてもそれはそれで受け入れます。
    その制裁によって韓国の民間が苦しむコトになるかはおいといて、今現在韓国一般国民を一番苦しめてるのは間違いなく、”我らがムンたんとその左派政権”という事実に気がついて無いのかな?ww

    日本も国のトップがクズだったら傾くというのを、民主党政権で実感しました。韓国も例外なく、これから確実に左前になって行くと思います。経済的には結構シブといので、時間はかかるでしょうが生暖かく見守って行きますよww

    シンさんの母国ですが、世界人類のためになるべく早く逝って欲しい^^

  6. 国際法違反状態の是正を法律的に強制することはなかなか困難ですが、国際法違反を理由として制裁措置を講ずることはなんぼでもできます。
    もちろん、それへの対抗措置は覚悟しなければなりませんが。

    そうやって血を流し合うのがバカバカしいから、普通は仲裁や国際裁判で決着をつけるのですが、…ねぇ。

  7. WTOで負けたことを忘れてはいけません。
    国際的な基準では問題ないことを韓国は国別の韓国基準で認めなかったとして(魚の検査に韓国基準での検査をすれば、結果出る前に腐ってしまう。もちろん韓国内には適用していない。)勝利しています。
    合理的に考えれば腐ってしまうような検査はできないが2審では手続きとして問題ないと韓国勝利になってしまいました。

    この件でも報復合戦になれば国際司法裁判所に韓国は出てくる可能性はあります。その場合韓国は正面切って日韓条約の問題とはしません。日韓条約は遵守しているとしての論理組み立てをしています。

    韓国裁判所は日本が韓国を不当に占拠し植民地にしていたので、その慰謝料としています。なので日韓条約に沿った協議や仲裁委員会などは無視しているのです。あくまで日韓条約外の話としています。

    日本は、不当ではなく正当に併合したこと朝鮮半島で法治的に統治したことをしっかりと証明する、ありとあらゆる客観的な資料を用意しておくことが重要です。なめてかかるとトンデモないことになります。(買収もありえるし)

    1. お言葉ですが、私は負けたとは思っていません。科学的なデータに基づいて判断すると安全だが、韓国の国民感情を考慮して輸入規制を認める、このようなとんでもない内容だったので、多くの国がWTOの裁定に異議を唱えて、改革が必要だということになったのです。ましてや、韓国はロビー活動が成功して勝利した、みたいなことを発表してましたからね。連中が絡むと、どんな組織も腐ってしまういい事例になりましたよ。

  8. 日本という常識人は、韓国に必ず負けるんです。
    何故ならば韓国はヤクザだからだ。

    一般人はヤクザに勝てない。何故ならば、ヤクザは家に火をつけたり汚物を投げ込んだり、闇討ちをしたりできるからだ。

    日本は本当に韓国と断絶を決意しない限りは、ずっと韓国に負け続けるのですよ。

    奴を倒す方法は幾らでもあると口の中だけつぶやきながら、ひたすら嫌がらせを受け続けるイジメられっ子のように。

    1. その割には現状、韓国は米国との外交で行き詰まり、北にも中国にもラブコール送っても応えはなく(北からは明確な拒絶)、日本ともこんな感じで、「勝ち続けた韓国」は四面楚歌な状態です。

      >日本は本当に韓国と断絶を決意しない限り

      その「断絶」って何?
      今が「一時とは言え断絶」していると述べていたけれど、国交を切ること?
      七誌さんの「断交」とどう違うの?

      言葉遊びを何年もしていて、その日の気分次第で意味や定義が変わる断交や断絶になどたいした意味は見出せません。

      1. 七誌さんの「断交」とは、、、

         https://sincereleeblog.com/2019/04/30/韓国紙「明仁日王は、日本を恥ずかしいと思うこ/comment-page-3/#comment-120372

        1. 間違った、、、
          ここから下のコメントっぽい

           https://sincereleeblog.com/2017/12/27/わずか2年で非公開部分を公開した韓国政府/comment-page-6/#comment-14850

          1. なんか検索能力すごすぎない?(;`ロ´)コワッ

            このときは中国式外交の薦めと、断交による上下の再構築もしくは明確化(韓国側が必ず謝罪してくる。それを突き放す)を望んでいたのかと思っていました。

            「現状の打破、断交」というのが主で全てなら、現状に満足することがないので常に「断交、断交」言い続けるだけになります。

            …それかも。
            言葉を変えて「現場打破、現状打破」言っているだけ?

  9. 人格障害者は自分に都合の良い解釈しかせず、客観視が出来ない。
    国際社会に出て来ちゃいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。