文大統領、「日韓GSOMIAをちゃんと守るように」と韓国軍に指針伝達

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

GSOMIAについて、いつでも終了できる権利がある!と騒いでいる韓国ですが、軍には「GSOMIAをちゃんと守るように」と指針を伝達していたことが分かりました。未来統合党の国会議員が国防部ぶ要求、提出してもらった資料で明らかになりました。朝鮮日報はこの件を『実は逆らうこともできないのに、国内向けだけに偉そうにしている』な趣旨で記事にしています。以下、部分引用してみます。

<政府は毎日のように韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)は「いつでも終了可能である」としているが、肝心のムン・ジェイン大統領は、GSOMIA履行を忠実にするようにとの旨の指示を下したことが、5日、分かった。表面上は、日本に強硬一辺倒の立場を固守するように見えるものの、裏ではこれとは異なり、日本との関係の毀損を意識しているような行動をとっていたのだ・・

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

・・大統領の指示が通達された4月1日は、北朝鮮が江原道元山(※ウォンサン)一帯で短距離弾道ミサイル2発を東海上に発射し、二日が経過した日だった。当時、北朝鮮は3月だけで9発のミサイルを撃って挑発し続けていたが、韓国軍は「GSOMIAに基づいて、日本に情報を提供しているのか」という質問に、「日本側の要請があれば、応じる」というマニュアルな回答だけをしていた・・

・・国防部と外交部など政府はその間にも、GSOMIA関連の質疑があるたびに、「いつでも協定は破棄することができる」とした。国防部は7月、日本が防衛白書に韓国側のGSOMIA終了決定について「韓国の戦略的決定であると評する」という内容を載せ、日本武官を招致して遺憾の意を伝えたりもした。外交部は4日にはGSOMIA関連質疑に「日付にこだわらず、韓国政府が、いつでも終了可能だ」とした・・

・・未来統合党のペク・ジョンホン議員は、「表面上は反日感情をあおって、私たちの安全保障に直結するGSOMIAを今すぐにも破棄できるようにしているが、実は、違う行動をしている」とし「外交関係を国内政治に利用するの止揚しなければならないだろう」とした(ソース記事:朝鮮日報、外部リンクにご注意を)>

 

 

どうでしょう。本ブログには「いいからさっさと破棄しなさいっ」な趣旨のコメントも結構付くのでは・・な気もしますが(笑)。

少し前にも、韓国外交部は「いつでも終了できるから別の通知は必要ない」と謎の理屈を展開していましたが、それは日米からすると、自動延長するという意味でしかありませんでした(5日のエントリーでお伝えしました)。そういう流れもあるので、「いつでも終了できるから終了しない」という態度を取っているのではないかという朝鮮日報の指摘は、理が通っていると言えましょう。「『いつでも終了できる』と言うように」という、各政府機関への『指針』もまた、あったのでしょう。

ただ、ちょっとだけ違う見方もできます。引用部分にはありませんが、指針とやらには『GSOMIAが終わる瞬間までちゃんと守るように』など、終了を前提としたニュアンスの内容も含まれています。そして、記事は「日本との関係を気にする」としているけど、実は米国との関係を気にしてのことでありましょう。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5