韓国紙「韓流好き日本人を犯罪ターゲットにするのはイメージがよくない」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

世界日報に、『なんで犯人が韓国人だと国籍を強調するのか』という記事が載りました。東京で日本人女性をレイプ、逮捕された韓国人のことです。

記事で紹介している『日本ネチズン』によると、犯人が韓流アイドルの話をしながら被害者に接近したことで、『韓国文化に好意的な日本人をターゲットにするのはよくない』とのことでして・・じゃ、好意的でない日本人はターゲットにしてもいいということでしょうか。

以下、いろんな意味でツッコミどころ満載の、世界日報の記事。部分引用してみます。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<・・(※事件を大まかに紹介した後)このようなメディアの報道後、SNSコミュニティなどには、キム氏(※犯人)への批判と共に、「国籍を知らせるのに偏りすぎた」との自省の声も出ている。

マスコミの報道の後、一部の日本チズンたちは関連記事を共有し「韓国」、「韓国の男性」などの不要なハッシュタグをつけて、読む人を不愉快にさせた。マスコミの報道で「韓国籍の男性キムXX」と言及したが、「韓国の男性」などの追加タグを貼り付け、加害者が韓国人であることを強調したという指摘だ。特に、特定のハッシュタグに加えて実名や顔が公開された報道をインターネット上に掲載し、被害が懸念されるという指摘も出た。日本のマスコミは、犯罪者の実名と顔を公開するが、韓国ではそうではないことを知り、2次被害などを懸念したものと思われる。また、「外国国籍者の犯罪を日本のマスコミで大きく取り上げるのは違和感がかかる」との指摘もあった。

 

一部のネチズンたちは「彼の犯罪は間違っているが、国籍を知らせるのがそんなに重要?」という疑問に共感を形成した。また、「個人の逸脱が韓国人全体を非難する形になってはならない」という意見も相次いだ。一方、「日本人を見くびるな」などの手厳しい批判の声も大きかった。

韓流、文化、食べ物など韓国に好感を持つ日本の人々を犯罪対象にしてはよくないイメージが大きくなる可能性がある。日本のネチズンたちも、これらの点を懸念しながら国籍に集中してはならないという意見を伝えたとみられる(ソース記事:世界日報、外部リンクにご注意を)>

 

 

なんで急にこの件を取り上げたのかというと、例のニュージランド大使館で現地職員など(男)をセクハラした疑いを受けている韓国人外交官(男)のことと、どことなく似ていたからです。

何かあれば『それでも韓国人なのか』としながら、民族単位でのアイデンティティーを強調、それを法律よりも重要視するのが韓国です。それはある種の「ウリ」であり、ウリであるからには法律よりは情(ジョン)が重要とされます。

少し前の法治エントリーの表現を借りると、『韓国人だから、例外を認められるべき』というのが、韓国たるウリの『良心』であり『常識』であるわけです。それを法治で処理するのは、ただ恐ろしいことに過ぎません。普通なら、「外国国籍の犯罪」が日本内で日本人相手に起きたから取り上げられて当然だろうし、韓流好きでなくても犯罪ターゲットにしてはいけないでしょう。これこそ真の意味での『常識』的に。

元徴用工問題だってそうです。内部だけでなく、外部にまで迷惑かけまくりの、「ウリ」思想。彼らウリ教徒たちが、日本が指摘した「国際法違反状態」を理解できる日は、来るのでしょうか。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5