韓国国会国防委員長『日本が追加規制するならGSOMIA終了』『安倍総理が辞めれば状況は変わる』

韓国国会の国防委員会のもミン・ホンチョル委員長が、MBCラジオに出演、日韓GSOMIA関連でいろいろと話しました。まず、韓国日報の記事から部分引用してみます。

<・・強制徴用賠償金支給問題による日本戦犯企業の資産売却で、日本が追加規制を持ち出した場合、GSOMIA終了というカードを再び使うこともあると主張した。ミン委員長は「日本が国家安全保障を理由にGSOMIAを持ち出したので、(追加の規制等)、日本の態度は変わらないと解釈される」とし「その後、我々政府は、真剣に留保された終了効力を実現する措置を取ることもできる」と見通した。ただし、この場合、米国側が圧力をかけてくる点が問題だと指摘した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ミン委員長はまた、「安倍総理が健康異常説と関連して辞任した後、新しい総理になると、GSOMIA問題も再び整理される可能性があるのか」という質問に、「それは、日本の政治問題かもしれない」と言いながらも「十分そんな可能性がある」と述べた(ソース記事:韓国日報、外部リンクにご注意を)>

引用部分に「日本が安保を理由にGSOMIAを持ちだした」となっていますが、これは韓国日報のミスのようです。ミン委員長の発言を調べてみたら、『安保を理由に輸出規制(輸出厳格化)を持ち出した』でした。『日本は安保を理由に輸出規制(輸出厳格化)を持ち出した。そのスタンスはこれからも変わらないと思われる。(だからこちらも安保と関わる)GSOMIAを破棄する』となります。

 

 

すなわち、韓国にとってGSOMIA破棄は、日本の追加規制(?)に対する切り札ということになりますが・・見方にもよるものの、それって、『他に出来ることがありません』という意味ではないでしょうか。そもそも、GSOMIA破棄が有効な手ではないという点、中央日報はこのように指摘しています。

<・・(※去年のことで)GSOMIA終了は下手に取り出せないカードだということが、明らかになった。相手である日本もそれをよく知っている。にもかかわらず、政府がGSOMIAカードを諦めないでいる理由は、今後の日本の戦犯企業に対する最高裁判所の財産差し押さえが現実化したとき、予想される日本の追加経済報復に対応する外交カードとして残しておくためだという観測もある。しかし、日本が韓国政府のGSOMIA終了カードを、逆に韓米分断に使った場合、私たちはそれに耐えられるだろうか、疑問である(ソース記事:中央日報、外部リンクにご注意を)>。

 

 

・・日本が韓米分断するではなく、韓国が勝手に日米から離れていくものでしょう。とにかく、私にはこの話が、この前の『必殺・耐えて告訴』と繋がっているように思えます。もし日本が日本企業の現金化でなにかの措置を取った場合、韓国としては出来ることがほとんどないとする内容でした。VISAとか関税とかは、同じ措置(いわゆる『相互』対応)が取れるとしても、金融などまで範囲が広がると、韓国としては出来ることが何もありません。

ミン委員長の発言が、単に韓国内向けの時間稼ぎ発言だった可能性もあります。うろ覚えですが、去年11月から、『日本の態度を1ヶ月ぐらい見守ってから終了』→『遅くても3月には終了』→『4月には終了』→『自動延長という概念はもう無い』と続いて、『追加規制するなら終了』になっただけ、と。

しかし、もし本当にGSOMIA破棄をいざというときの取り引きカードとして考えているなら、それは「他に出来ることが無い」と同じことでしかないでしょう。

 

 

 

「反日 異常事態」に電子書籍版が追加されました!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分がアマゾンリンク(アソシエイト)となります。全て電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>ですいわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。詳しくは新刊紹介エントリー(いつも本ブログ入り口ページの上から2番目に固定されています)をお読みください。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5