韓国与党「国際法違反とか言っていては、両国関係の改善は出来ない」

昨日お伝えした茂木外相の『国際法を違反したのは韓国です』発言に、韓国与党がさっそく反応しました。そんなものでは両国関係改善は出来ない。『対話』でやろう、というのです。本ブログの読者の皆さんなら、このセリフを聞いて、なにかに似ていると思われたかもしれません。そう、個人的に最近の大ヒット作(悪い意味で)、『法律なんか怖い。制御するのは良心と常識だ』発言です。まず、KBSから記事を部分引用してみます。

<共に民主党と正義党(※韓国の極左政党)が、日本の強制徴用賠償問題について韓国の責任を取り上げた茂木 日本外相の発言に、遺憾を表しました。民主党チェ・ジウン国際スポークスマンは、今日(17日)のコメントで、日本が強制徴用賠償問題に「国際法に違反しているのは韓国だ」とした茂木外相の発言について言及し、「このような態度は、梗塞された韓日関係を改善できず、過去にとどまっている結果をもたらすだろう」と明らかにしました。

 

チェ・スポークスマンは、「韓日両国は菅内閣の発足という変化の勢いとし経済、防疫、通商、文化など様々な分野で両国関係を発展させなければならない」とし「茂木外相は『対話を通じて状況を解決する』と言った発言を守らなければならない」と言いました。続いて「日本が輸出規制を撤回し、通商分野で両国が協力できる方法を見つけていく」とし「韓日両国の経済と通商の交流の回復は、両国の利益のためにも必要だ」と強調しました・・>。他に正義党は『安倍戻り(安倍政権のまま)』という表現で不満を顕にした、とのことです。

 

さて、『国際法を違反しているのは韓国だ』と言われて、そこに反論するなら、当然、『~~だから国際法に違反していない』と反論するのが普通だと思います。スポークスマンのコメントで長くは出来ないだろうけど、せめて「違法じゃない」スタンスにするものでしょう。しかし、引用部分だけ見ても分かるように、韓国側のスタンスは『なんで法律を持ち出すのか』です。

 

初頭でも書きましたが、やはり、この心理のままです。

<・・(※共に民主党のシン・ジョンフン議員は、ユン・ソクヨル検察総長が『自由民主主義は、法の支配を介して行われるものだ』と話したことに対し)フェイスブックに「自由民主主義こそ本当の民主主義という(ユン総長の)主張が正しい表現であるかどうかは別にして」、「その果敢な発想は非常に衝撃的だった」とした。それと共に、「民主主義社会で個人を支配するのは、ただ良心であり、社会を支配するのは常識だ」と主張した。シン議員はまた、「法はただ、その良心と常識の境界を定めるための道具にすぎない」、「このような理由から、法律家ではなく、一般人の立場から『法の支配』などという恐ろしい言葉は、とても危険だと思える」とした・・(この部分のソース記事は朝鮮日報です)>。

 

人を動かすのは良心、社会を動かすのは常識。だから、良心と常識から外れた法律など、ただ怖いだけだ。これが国会議員発言だとは、本当に見ていて背筋が凍ります。ですが、こんなことを言う人たちこそが、『法律』の強制力を自分のものにしたがるから、それまた皮肉なものです。ひょっとして、こういうのも「道徳免許」の一種なのでしょうか。

昨日のソウル市議会の特別委員会もそうですが、韓国は日本に対して「法律じゃやだやだ」と一方的に主張している反面、国内では、反日に基づいた歴史観以外を強制的に潰す各種法案を作っています。自分たちに有利な良心や常識を、法律という名で固定するために。

もし、万が一、日本が韓国のそういう良心・常識に同調して譲ったところで、韓国はそれを『前例』とし、日本に対してある種の「強制力を行使するための道具」として利用するでしょう。河野談話とかも、似たようなパターンでした。

 

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

126+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5