茂木外相、ユネスコ事務局長に「ユネスコの『非政治化』を支持」

また茂木外相関連ニュースとなりました。さすがは、機械翻訳で「モテ期」と訳されるだけはあります。

一つ前のエントリーでも書きましたが、ヨーロッパを訪問中の茂木外相。フランスでユネスコ事務局長に会って、『非政治化』を支持すると話した、とのことです。多分日本側のソース(共同通信)も同じだと思いますが、韓国側は『韓国政府の、端島登載取り消し要求を念頭に置いた発言だ』と分析しています。以下、聯合ニュースの記事、部分引用してみます。前半部は一つ前のエントリーと重なるので、省略します。

 

<・・茂木外相は1日、パリでオードレ・アズレ ユネスコ事務総長(事務局長)に会って、ユネスコの非政治化改革を支持する旨を明らかにしたと、共同通信が伝えた。茂木外相は「組織改革を含むユネスコ強化の努力を支持する」とし「(日本政府は)教育、文化、科学の分野で積極的に貢献したい」と述べた。これに対してオードレ・アズレ事務局長は「日本との協力関係を一層強化していきたい」と語った。

 

共同通信は、茂木外相のユネスコ支持発言に対し、徴用被害者関連の事実を歪曲展示した問題をめぐり、韓国が端島、別名「軍艦島」を含む明治産業革命遺産の世界遺産登録を解除の検討を要求したことを念頭に置いたものだと伝えた。

日本政府は、2015年軍艦島などの朝鮮人強制労働施設7ヶ所を含む明治産業遺産23場所を世界文化遺産に上げる過程で産業遺産情報センターを設置し、強制労働被害者を覚えていることを約束した。しかし、6月、東京新宿でオープンした情報センターは、徴用被害事実自体を否定する証言や資料を展示するなど、日本政府が国際社会に約束したフォローアップを実施していないと、批判を受けた。

これと関連し、韓国政府は登載取り消しの可能性の検討を含めて、世界遺産委員会で充実した後続措置の履行を日本に促す決議文が採択されるように協力してほしいと、ユネスコに要請した>

言い換えれば、迂回的に『韓国の要求は、政治的なもの』という意味になります。こういうのもまた、繰り返して強調しておいて、損はしないでしょう。しかし、予想できたこととはいえ、例の『forced to work』、長引きますね。いま思っても、あれは大きな失言でした。

 

 

以下、雑記ですが・・

秋夕(韓国のお盆)連休、例の北朝鮮射殺関連報道がある程度は収まったことなどなどなどなどなどなどで、与党と野党が喧嘩してる以外はこれといってニュースがありません。ちなみに、同じ内容をツイートしたら、『楽韓WEB』さんが『韓国ウォッチャーあるある』と引用ツイート(笑)。そうです。あるあるなのです(精神勝利

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

92+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5