茂木外相、ドイツ外相に慰安婦像の撤去を要請

例のベルリン慰安婦像のことで、茂木外相がドイツのハイコ・マース外相に撤去の協調を要請したことが分かりました。もともとは茂木外相はヨーロッパを訪問中で、ドイツも訪問予定でしたが、マース外相の警護員の1人が新型コロナ陽性となり、マース外相も自己隔離となり、ドイツ訪問はキャンセル、オンラインでの画像通話だけとなりました。今回の要請はフランスから電話通話でのことです。撤去まで繋がるかどうかはまだ分かりませんが、『日本政府の立場と相反すること』と言い切ったとのことで、少なくとも再発防止においては効果があっただろうと思われます。以下、聯合ニュースの記事から部分引用します。

 

<ヨーロッパを訪問中の茂木敏充 日本外相がドイツに建てられた「慰安婦像(※原文では平和の少女像)」撤去をドイツ政府に要請したことが分かった。

2日、産経新聞とNHKなどによると、茂木外相は1日午後(現地時間)、フランスでハイコ・マース ドイツ外相とビデオ通話をして、両国間の懸案を議論した。

茂木外相はマース長官にドイツの首都ベルリンの中心部に最近設置された慰安婦像を取り上げた後、日本政府の立場と反するものであり、撤去できるように協力してほしいと要請したという。

ポルトガルを経て、フランスを訪れた茂木外相は、ドイツも訪問する予定だったが、警備員が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)確定判定を受けた後、マース長官が自己隔離に入る、ドイツ訪問をキャンセルし、電話会談に置き換えた・・>

 

すぐ撤去という方向性がもっともサッパリしますが、1年時限ということもあるため、ドイツ側がどう動くかはまだ分かりません。ただ、繰り返しになりますが、撤去してもまた建てられる恐れがあるため、重要なのは再発防止です。『この像があれば、日本政府とトラブルが起きる』とドイツ側が認識することが、もっとも重要だと言えるでしょう。そういう観点からだと、早い時期に外相同士の会議でこの件が議題になったのは、相応の意味があるといえるでしょう。

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

108+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5