韓国、軍事機密の盗難・紛失が急増・・北ミサイル関連の警戒、作戦計画文書も

文政府になってから、韓国軍の軍事機密の盗難・紛失が急増したことが明らかになりました。中には北朝鮮ミサイル関連文書も含まれているそうです。以下、文化日報の記事、部分引用してみます。

<ムン・ジェイン政府が発足した2017年から3年半の間、約200件の軍事機密が漏出したことが、7日、確認された。北朝鮮のミサイル挑発と関連した、警戒態勢の解除文書から、師団・旅団級作戦計画などが、紛失または盗まれたものである・・

 

・・国会国防委員会所属ユン・ジュギョン「国民の力」議員が国防部から受けた「最近5年間の秘密紛失・盗難・流出事例」の資料を分析した結果、2017年から2020年6月までにⅡ・Ⅲ級の秘密の合計195件の紛失または盗まれたことが分かった。軍事機密保護法によると、Ⅱ級の秘密は、漏洩時に国家安全保障に「著しいリスク」を、Ⅲ級は「重大なリスク」を与えることができる程度の国家機密である。

 

機密漏洩件数は文政府が発足した2017年を基点に著しく増えた。 2016年21件から、2017年に46件、2018年40件、2019年81件など、継続的な増加傾向にある。詳細事例を見てみると、さらに深刻だ。

昨年9月に国防部直轄部隊所属A上司は北朝鮮のミサイル関連警戒態勢強化を解除Ⅱ級秘密を紛失した。北朝鮮がその年の8月まで9回のミサイル挑発を敢行した時点である。今年2月には陸軍B大尉が作戦司・社団級作戦計画に関連したⅡ級秘密8件と、師団級野戦例規などⅢ級秘密3件を紛失したりした。その他「秘密通話携帯電話」も多数紛失された・・>

 

「明らかになったものが200件ですから、本当はもっとあるのではないか」とか、「紛失じゃなくて、誰かさんへの捧げものではなかったのか」とか、「日本の対韓輸出管理の時に騒ぎになった『安保上の理由』とも重なって見えてしまう」とか。いろんなシチュエーションをとても自然な形で楽しめる、とても有益なエントリーでした(どこがだ

 

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

109+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5