ナヌムの家「内部告発者たちも、不正にお金を使いまくった」

この前、数人の内部告発によって後援金などの不正使用が明らかになった慰安婦施設「分かち合いの家(ナヌムの家」)。いままでは基本的に「ナヌムの家が資金を後援金などを不正使用。内部告発した人たちが責められている」という流れでしたが、今日は「公益提報者(内部告発者)たちだって不正に後援金などを使いまくった」という記者会見がありました。韓国の仏教放送(BBS)からの部分引用です。

 

<慰安婦被害者たちの休み所であるナヌムの家に関する議論が続く中、後援金関連疑惑を提起した内部告発従業員たちが、機関カードの不正使用など各種違法行為をしたという主張が追加で提起されました・・

・・今日、京畿道ナヌムの家で開かれた記者会見。内部告発者たちが様々な不正行為を犯したと暴露されました。後援金カード(※後援金を使うためのカード)に肉やコーヒーなど3千万ウォンを使用したが、機関の承認と決済がなく、横領などで捜査が進行中だというのです。

また、慰安婦被害者の医療費支出の名目で支給された治療費用カードもありますが、高額の怪しい使用内容が発見されたと明らかにしました・・

・・内部告発者の一人である看護助手が複数の場所で使用し、慰安婦被害者のための支出とは思えないというのです。

 

 

続いて、被害者遺族が、内部の従業員ともめる過程で腕と肩などを負傷したと、ナヌムの家運営正常化推進委員会側は主張しました。遺族のヤン・ハンソク氏は「けしからん」と内部告発者たちを批判しました。「墓参りのときにまで追いかけてきて、日本人を前に出して、私を苦しめました(※内部告発には日本人が1人います)。(抗議しに事務所に入って30分間もめました・・」。ヤン氏は、四ヶ月前に彼に記者会見を要請されたものの拒否したことで、それを恨まれてこんなことになったと主張しました・・>

強いて言うなら、『なんで(不正に)分かち合わなかったんだ!』と偽善者同士で喧嘩している、そんなモードです。恐ろしい休み所もあるものですね。

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

98+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5