韓国紙『慰安婦像を建てることは、慰安婦合意(日韓合意)の精神に合致する』

聯合ニュースが、「歴史問題の本質を糊塗する(上書きして隠す)日本・・『私たちは被害者』という主張まで」という記事を載せました。後述しますが、昨日の産経新聞の記事、<慰安婦像の撤去 韓国の「反日」阻む外交を>の一部に反応する形となります。記事の中で、聯合ニュースは、『慰安婦問題は慰安婦合意によって解決されたものではないため、慰安婦合意は根拠になれない』、『慰安婦像を建てることは、慰安婦合意の精神にも合致する』と主張しています。不履行すると宣言しつつちゃんと破棄とは言わない、文在寅政府より、さらにナナメウエであります。以下、聯合ニュースの記事から引用してみます。慰安婦像撤去の経緯に関する内容は何度もエントリーしたので、省略します。

 

<日本軍慰安婦問題や日帝強占期徴用などに関する韓日の対立が、解決の糸口を見つけられずにいる。帝国主義日本の加害によって始まった問題に関する韓国の動きを、無条件で「反日」と規定したり、さらには日本が被害者だと主張するなど、本質を隠蔽する言説が拡散している。最近、韓日の間に再び争点として浮上しているのは、日本軍慰安婦被害者を象徴する少女像(※以下、慰安婦像)の問題だ・・

 

・・2015年の慰安婦合意は、日本軍慰安婦問題の無条件的な解決を明らかにしたわけではなく、両国は、被害者の名誉と尊厳の回復と心の傷の治療のための事業の誠実な履行を前提とした。合意時に議論された在韓日本大使館の前という特定の場所の問題を別にすれば、慰安婦像の設置自体は、両国の合意の精神に合致する事業だと評価する余地がある。被害者が経験した人権侵害と戦時性暴力の惨状を世界に知らせ、これを歴史の教訓にできるからである。

産経新聞は論説で、徴用被害者の賠償判決が1965年の韓日請求権協定を無視したものだとし、「国際法に違反した言いがかりであり、日本側が被害者」という主張まで出した。このような状況では、今年、韓国が推進する韓日中3カ国首脳会議のために菅義偉総理が韓国を訪問し、建設的対話をすることは難しいとし、菅総理が韓国に行く環境が造成されていないと新聞は付け加えた>

 

妙な主張です。「被害者の名誉と尊厳の回復と心の傷の治療のための事業の誠実な履行」が慰安婦合意の前提だから、ドイツに慰安婦像を建てるのは慰安婦合意に合致している、と。

しかし、「被害者の名誉と尊厳の回復と心の傷の治療のための事業の誠実な履行」となっているのは詳しく何なのかというと、慰安婦財団を作って運用することです。だから『事業』となっているのです。そして、その事業を行う財源の設立のために日本が10億円を出捐し、財団の運用は韓国が行う。前提というなら、これが前提でした。そして、これで不可逆的に解決した、と合意しました。

ですが、その財団を解体したのが韓国です。慰安婦合意の『前提』となる財団を解体して、他国に慰安婦像を作り、管轄自治体から『これは明らかな反日だ』と言われて、撤去されることになった。それが今の状況です。「被害者の名誉と尊厳の回復と心の傷の治療のための事業の誠実な履行」を解体させたのが韓国なのに、今になって何を言っているのでしょうか。聯合ニュースともあろうところが、本当に知らなかったのでしょうか。それとも、何かの理由でこう書かざるを得なかったでしょうか。

 

『日本は被害者だ』の部分も、産経新聞の記事から引用しますと、<・・いわゆる徴用工問題をめぐり、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた不当判決の問題も解決していない。1965年の日韓請求権協定という国家間の約束を韓国側が無視した、国際法違反の言いがかりで日本側は被害者である・・>となっています。韓国が国際法を違反したせいで、日本が被害を受けた、というのです。すると、この部分に関する反論(韓国は国際法を違反していないとする主張)が出てこないといけないのに、題から『日本が被害者~~~』と言っておいて、最後までその部分への反論はありません。

 

 

 

※産経ニュースで紹介されました!(・∀・)ノ※

【編集者のおすすめ】『「反日」異常事態』シンシアリー著

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

101+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5