北朝鮮、新型ICBM公開の件で『韓国のせいだ』・・文大統領の「終戦宣言」は完全に無視される

普通なら、韓国が「日本のせいだ」と話す流れがメインとなる本ブログですが、今日は北朝鮮が「韓国のせいだ」と話したことをお伝えします。北朝鮮の国連代表団長が、『韓国が北朝鮮への敵対政策を露骨にしているため、北朝鮮としても軍備を増強しないといけない』と話しました。この件が明らかになったのは16日ですが、実際の発言があったのは9日の国連総会でのことです。そして、その次の日の10日、北朝鮮は閲兵式で新型ICBMなどを公開しました。すなわち、北朝鮮は翌日の閲兵式を念頭に置いて、『韓国のせいだ』と話しておいたわけです。

 

このタイミングでもう一つ気になるのは、文在寅政府の終戦宣言騒ぎです。9月23日に文在寅大統領が『非核化より先に終戦宣言をしよう』と国連総会で演説し、米国側から袋叩きにされたことがあります。そして、10月8日にも同じく終戦宣言をアピールしました。その直後に、北朝鮮は国連で『韓国のせいだ』としながら、ICBMを公開した・・そういう流れになります。

「終戦」アピールと、「敵対だから~」アピール。まさに相性最悪であります。文大統領の終戦宣言作戦は、米国からはもちろん、北朝鮮からも完全に無視されたと見るべきでしょう。いや、利用されたと見たほうがいいかもしれません。以下、韓国の「毎日新聞」の記事から部分引用してみます。

 

<北朝鮮が、9日開かれた国連総会で、「韓国の敵対行為が露骨になっている」と非難し、「対抗するために軍事力を増強するしかない」と主張したことが分かった。16日、北朝鮮外務省は、北朝鮮代表団団長(本名は明らかではない)が、当時行われた第75回国連総会1委員会の会議でこのように演説した。

この演説は9日であり、北朝鮮が平壌の金日成広場で労働党創建75周年記念閲兵式を行う前日のことだ。閲兵式当時、金正恩 北朝鮮国務委員長は韓国に向かってコロナ19事態を言及して「愛する南の同胞にもこの心を送り、北と南の手を取り合う日が来るように祈る」と明らかにしたのが話題になった。

しかし、9日UN総会で明らかにした北朝鮮の立場と、10日の金正恩委員長の発言は、事実上、合わないニュアンスを見せている。もちろん、軍事力を誇る閲兵式自体のニュアンスは、UN総会の発言と繋がると見るのが自然ではあろう・・>

 

 

基本的に『敵対』とは、韓米の合同軍事訓練のことです。「終戦宣言の話に乗ってやろうか?じゃ、合同軍事演習からやめろ」という解釈もできるでしょう。にもかかわらず、記事引用部分の最後が、特に呆れます。「あれ?金正恩さんはやさしいこと言ってくれたのに」と思っているニュアンスでして。

そもそも、新型ICBMや超大型多連装ロケット砲を公開したこと自体、南の同胞がどうとかは演出に決まっているでしょう。それに、あの発言は、北朝鮮の人民たちに『南側ってさ、新型コロナが本当にひどいんだよ。あいつらまた会えるまで生き残れるかな(うるうる)』と聞かせることで、北朝鮮の優越性をアピールするためのものだった、という見方もできます。いわば、北朝鮮版「K(キタ)防疫」だったかも。昨日の「日米中が冷遇している」エントリーに、「北」も入れていいじゃないでしょうか。

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

本ブログのコメント投稿は、日本国内からしかできません。VPN・PROXYからの投稿もうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

86+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5