韓国海洋水産部、福島処理水放流で『他の国もやっていることです』

昨日お伝えした福島処理水の件、関連した韓国政府(海洋水産部)の反応をお伝えします。昨日とは全然雰囲気が違います。一応、対策はするとしつつも、「東北大震災のときにも韓国にはこれといった問題が無かったし、放流なら他の国も一般的にやっていますし、うちに出来ることってこれといってありません」です。しかし、記事で『環境専門家(誰だよ)』とする人たちが続けて韓国政府に『もっと問題だと言って!』と要求しているため、これからの対応がどうなるかはまだ分かりません。以下、朝鮮日報の記事から部分引用します。最後にお知らせがありますので、ぜひそちらもお読みください。

 

<・・環境専門家たちは、日本が処理水(※原文では「汚染水」)放流を決定した場合、放射能被害の対策は不可能だと言う。主務省庁である海洋水産部の関係者は、「処理水が放流されると、国内流入を防ぐ方法がないという点を認識している」と言いながらも、「外交部を介して継続的な要求はしているが、日本を強制的に止める方法もない」と述べた。

海洋水産部は、日本の処理水放流に備え、国内沿岸で放射線レベルをリアルタイムで確認する施設を39箇所に増やしたと伝えた・・

 

・・海洋水産部は、2011年福島原発事故以前と直後の国内沿岸放射能数値に大きい差は無いと研究結果を発表している。このため、一部では、福島の放射性汚染水放流の影響が思ったより大きな問題ではないという見方もある。

カン・ジョング海洋水産部 海洋環境政策課長は、「2011年福島原発事故の前と後を比較した場合、有意な変化は発見されなかった」とし「クロシオ海流に乗れば、米国沿岸から先に到達するけど、アメリカの研究結果からも、韓国には放射能の影響が大して無いと出てきた」とした。また、「国際的にも、海洋に放流することは、原発運営国の一般的な処理方法であり、海洋放流自体を防ぐことは難しいのが現実」と付け加えた。

政府が日本の処理水の海洋放流を阻止するのに慎重な立場を見せている一方、環境団体は、積極的な対応が必要だという立場だ。環境保護団体グリーンピースは、日本が処理水放流を決定した場合、韓国政府が国際訴訟を準備するように促す方針だ・・>

 

海洋水産部が持っている研究結果は、済州島エントリーでも紹介した、『韓国人教授の『放射能騒ぎは、反日の道具にすぎない』と内容が一致しています。

引用部分の前半部は、海洋水産部が「大変だ!」と心配しているように見えますが、それから急に論調が変わります。「大した問題じゃなくね?」と。多分、危険性は無いともう分かっていながら、声が出せないでいるのではないでしょうか。

 

 

 

↓お知らせタイム↓

・コメント投稿がうまくいかないという報告が2~3件ありました。とりあえず、コメントまたはキャッシュに関するプラグイン(ブログ内プログラム)をすべて停止させました。いままで普通に使っていたものですが、どうやら、「Wordpress」本体の最新アップデートから、不具合が増えてきたようです。それでも、解決は出来てないと思われます。自分の環境以外ではテストが事実上難しいので、「インフォメーション」または私の「ツイッター」宛にコメントください。なんでも解決できるとはとても言えませんが、せめて相応の対処方法を探ることはできます。

・最近、更新時間が「ゴールポストを動かす」状態です。明日(22日木曜)は、朝9時と、午後2時に更新します。その次にもう一つ更新できるかどうかは、今はちょっと分かりません。

・まだ未定ですが、次の本はブログ内でシリーズ化している『古い記事』関連のものになる可能性があります。何か具体的に決まったら、すぐお知らせします。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

本ブログのコメント投稿は、日本国内からしかできません。VPN・PROXYからの投稿もうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+119

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5