安倍前総理、軍艦島住民たちと交流・・「いわれなき中傷、はね返してもらい」

安倍前総理が、新宿の「産業遺産情報センター」を訪問し、端島の元住民たちと交流しました。ここで韓国側の軍艦島(端島)強制労働主張に関し、「いわれなき中傷をぜひはね返してもらい、日本の力強い産業化の歩みを伝えていただきたい」と話しました(この部分は産経新聞から引用しました)。韓国側では「安倍が、『韓国の軍艦島誹謗には反撃しないといけない』と話した」、「詭弁だ」と報じられています。以下、ソウル新聞の記事から部分引用します。

 

<先月、退任後2回も太平洋戦争のA級戦犯の位牌が合祀されている靖国神社に参拝するなど、止まらない右傾化の歩みを続けている安倍晋三前総理が、今回は日本の強制徴用の象徴「軍艦島」と関連し、韓国に挑発的な発言をした。

安倍前総理は22日、日帝強占期に多くの韓国人が強制動員され、暴力と搾取に苦しめられ命を失った軍艦島(長崎市羽島)などの関連資料を展示した産業遺産情報センター(東京都新宿区)を訪問した。

 

安倍元首相はその場に軍艦島に住んでいた人々を呼び、軍艦島関連歴史歪曲の是正を促す韓国を非難した。彼は「(韓国は過去朝鮮人労働者が差別的取扱いを受けたと主張しているが)理由のない誹謗には必ず反撃しなければならない」、「これにより、日本の強力な産業化の歩みを正しく伝えてほしい」と参加者に呼びかけた。彼は続いて三菱重工業長崎造船所で働いていた台湾人元徴用労働者の給与袋などを見ながら、軍艦も出身者たちに「歴史の真実も皆さんの話を伝え聞くことによって適切に伝達され、進むだろう」と述べた。

軍艦島は、日本政府の申請に基づいて、2015年にユネスコの世界遺産に登録された。しかし、日本側が産業遺産情報センターに「軍艦島で朝鮮人に対する差別待遇はなかった」など偽の資料を展示し、韓国政府は軍艦島の世界遺産指定解除を進めている・・>

 

韓国側が証言ではなく資料をちゃんと出しているなら、こんなとき『日本は、韓国側の主張と相反する資料だけを集めた』と書くこともできるでしょう。でも、それすら出来ないから、「偽の資料」や「詭弁」と書くしかないのでしょう。記事は最後に「安倍前総理は、A級戦犯として起訴されたが釈放され、1957〜1960年に総理を務めた岸信介の孫だ」と書いて、連座制モドキに頼っています。あ、そういえば当時の資料が韓国側にも展示されています。朝鮮人労働者たちが家族に送った写真です。なぜか笑顔ばかりだそうですが。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5