韓国各紙「菅総理が意図的に韓国との電話会談を後回しにした」

元ソースは産経新聞とのことで、「菅総理就任後、韓国がまっさきに電話会談を要請した。しかし、実際に出来たのは8番目だった」というニュースがありました。個人的に、「確かに日本で『韓国疲れ』が出ているのは事実だけど、日本にも他国にもいろいろスケジュールとかあるから、そんなに大したニュースでもないのでは」と思ってスルーしていましたが・・韓国側では朝鮮、中央、聯合、SBSなど多くの大手マスコミが取り上げ、結構大きな話題になっています。またもや「冷遇」と認識されたようでして。韓国側にとって「冷遇された(とする)こと」は、「無視されたこと」ですから。いつもオーバーで騒ぐネタになります。『ホルデクエスト外伝(?)』ということで、紹介します。中央日報です

 

<韓国が、菅義偉日本総理との電話会談を最初に提案したが、日本政府が意図的に韓国の順序を後回しにしたという主張が出た。菅総理は、就任8日後の先月24日、文大統領との電話会談を行った。産経新聞は28日、匿名の高官の言葉を引用し、「最初に電話会談を申請したのは韓国だったが、後にまわした」と報道した。また、日本政府がムン・ジェイン大統領との電話会談の順序を後にしたのは、菅総理の意向も作用したと付け加えた。

 

菅総理は、文大統領との通話より先にドナルド・トランプ米国大統領、ドイツのメルケル総理、トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長など7人と電話会談をした。一方、菅総理は26日、就任後初めての日本の議会演説で、「韓国は非常に重要な隣国」と「健全な日韓関係に戻るために、我が国の一貫した立場に基盤を置いて適切な対応を強く求めていく」と述べた。

彼は、韓国の重要性を強調してはいるものの、日帝強占期の徴用問題の解決策を韓国が出せと要求しており、事実上「距離を置く外交」を続けいくという予告だ、という解釈が出てきていた>

 

↓以下、邪推スレです。邪推しかないので苦手な方はご注意ください。

基本的にスガガーなニュアンスの記事で、他の関連記事も内容には大差ありません。菅総理がどうとか言う前に、『韓国は何の問題もない。悪いのは日本だ』と毎日のように叫んでいる韓国が、『最初に電話会談を要請した』という時点で、すでにおかしいと思わないのでしょうか。どうせ、韓国としては、とりあえず初めて電話会談して、その内容とはまったく関係なく『日本が韓国と最初に電話会談した!』と上から目線で何かのコメントが出したかっただけでしょう。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

113+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5