朝鮮日報『日本がナイジェリア候補を支持する証拠がこれだ!』

朝鮮日報が、『日本がナイジェリア候補を支持している証拠』(なニュアンス)を記事にしました。まるで、日本が何か犯罪でも犯して、韓国が証拠を見つけた、そんなニュアンスです。日本は日本の意志で支持する候補を決めたでしょうし、そもそも「証拠」が必要な件なのか、それからしてすでに尋常な記事ではありません。余談ですが、聯合ニュースも同じ趣旨の記事を載せています。珍しいもの見たさに、以下、朝鮮日報の記事から部分引用してみます。

 

<世界貿易機関(WTO)事務総長選挙でユ・ミョンフイ産業省通商交渉本部長と競合しているナイジェリア出身のンゴジ・オコンジョ・イウェアラ候補が、日本の総理に向かって、「真のリーダーシップ」という賛辞を送ったことが分かった。日本は今回の選挙で「反・ユ ミョンフイ」キャンペーン」を行ったことが分かった。

イウェアラ候補は最近Twitterで、2050年までに「無炭素社会」に行くという菅義偉首相の計画に言及し、これを「真のリーダーシップ(true leadership)」と表現した。また「日本は今、グリーン成長のための機会を握った」とも賞賛した。先に日本政府は、「支持する候補を言わない」としたが、日本がナイジェリアの候補を推していることを示す情況が現れたのだ

 

先月発足した菅内閣は、ユ本部長が次期WTO事務総長になるのが、日本の世論と国益に良くないという判断を下したという。ユ本部長は、日本が昨年徴用賠償判決に対する報復措置として輸出規制を取ると、これをWTOに提訴する責任者となったが、今後の日本の不利益になることがあると判断したものである。特に、私たちの政府が力を入れた欧州連合(EU)が、ナイジェリアの候補支持を選択したことには、日本のロビーが一定部分、作用したものと思われる。このため、外交情報筋の一部では、「昨年、政府や与党が主導した反日がブーメランになって返ってきた」という話も出ている・・>

 

そのツイッター、27日からありました。これですね。<Congrats to Prime Minister
@sugawitter of Japan on his commitment to net-zero emissions by 2050. This is true leadership on the #RacetoZero. Japan will now need to set out ambitious 2030 targets to grasp opportunities of #greengrowth(イウェアラ氏のツイッターより)>。どう見ても「あなたの環境関連政策は素晴らしい」というふうにしか見えませんが。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

113+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5