前前前大

エントリー題は「君の名は。」の「前前前世」からパロってみました。当たり前ですが内容はまったく関係ありません

今日、李明博元大統領(79歳)の賄賂(などなど)関連で、最高裁判決がありました。結果ですが、懲役17年・罰金130億ウォン・追徴金57億8千万ウォンが確定、保釈も取り消しとなり、もうすぐ再収監されるとのことです。量刑にできることはまだあるか~ってこれは曲が違うか・・

とりあえず、これでまた、大韓民国の前大統領と前々大統領が共に収監される状態になります。ちなみにその前の大統領は自殺されました。YTNの報道から部分引用します。動画の自動再生にご注意ください。

 

<横領と賄賂などの疑いで起訴された李明博元大統領に、懲役17年の実刑が確定しました。刑が確定したことで、イ元大統領は、すぐにでも再収監されると思われます・・

・・[記者]はい、李明博前大統領の懲役17年の実刑が確定しました。最高裁は、イ元大統領の上告審宣告公判で、検察とイ元大統領の上告をすべて棄却し、原審判決を確定しました(※検察はもっと刑を重くすべきだと、イ元大統領側は無罪を主張していました)。裁判所は、横領や賄賂と関連、原審が判断した部分に誤りがないと明らかにしました・・

 

・・(※懲役17年・罰金130億ウォン・追徴金57億8千万ウォンが最高裁で確定したという内容の後に)実刑が宣告され、保釈も解除されます。イ元大統領は、手続きが不当だとして保釈取消決定に再抗告し、最終的には拘束執行停止決定を受け、保釈中です。しかし、今日の実刑が確定し、検察が早いうちに刑の執行手続に入ると思われます。

今日の最高裁判決と関連、イ元大統領側は、弁護人としてできるすべての手段を介して、真実を明らかにするように努力すると心情を明らかにしました・・>

 

 

李承晩大統領はデモで追い出されました。ユン・ボソン大統領はクーデターで瞬殺されました。朴正煕大統領は暗殺されました。全斗煥大統領と盧泰愚大統領は死刑判決(あとで釈放、全斗煥氏はまだ別の件で裁判中)。金泳三大統領はIMFで存在感無く消え、盧武鉉大統領は自殺。李明博大統領は賄賂で懲役17年、朴槿恵大統領は弾劾され、よくわからないけど国政壟断かなにかで収監中です。ちなみに金大中大統領は、本人は逮捕されずに済んだものの、任期終盤に3人の息子が全員逮捕され、『道徳的に優れている』をアピールしてきた左派政治家として致命的なダメージを受けました。これでも、現状を「大統領『だけ』の問題」とし、他の人(自分陣営の人)が大統領になればすぐに世の中が良くなると信じている・・韓国社会は、そんな不思議な状態です。

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+97

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5