韓国野党議員、「日本と裏取引した」と文政府を猛攻・・『後で補填する』案、非難の的に

朝日新聞が報道した「日本企業が賠償すると、韓国政府が補填する」という案、思ったどおりの展開になりました。韓国野党「国民の力」議員が、「日本に屈従する外交」「裏取引だ」などと政府に猛攻を浴びせました。韓国大統領府は、朝日新聞の報道内容は事実ではないとしています。日本企業の個人賠償問題や慰安婦合意などにおいて、朴槿恵前大統領及び関係者たちは『日本側と裏取引した』とされ、強く非難されてきました。その仕返しの意味もあるのでしょう。以下、朝鮮日報の記事です。全行がネタで出来ている純度の高い(何の純度だ)記事で、全訳となりました。

 

<最高裁の日帝強制徴用賠償判決と関連、韓国政府が日本政府と「裏取引」をしようとしたという日本メディアの報道と関連し、キム・ギヒョン「国民の力」議員は「空振りといったレベルではなく、屈従的外交惨事だ」と批判した。

金議員は2日、Facebookに「この政権の『竹槍』はどこへ行った?習慣化された選択的憤怒と偽善」というタイトルの文を載せた。金議員は「日本企業が賠償に応じると韓国政府が後で全額補填する」という案を非公式に提案したが、日本側が拒否したという朝日新聞の報道を引用した。

金議員は「これが事実であれば、空振り外交を超え、卑怯で堪えがたい屈従的な外交惨事」とした。それとともに「菅総理の訪韓をイベント化するために、国の品格を毀損する裏取引をしたなら、これは許すことが出来ない親日行為」とした。

 

彼は「ムン・ジェイン政権が執権期間に行ったことは、税金爆弾、住宅難爆弾、国の借金爆弾、雇用減少爆弾、外交行方不明爆弾、北朝鮮の南北共同連絡事務所爆破しかない」とし「何か実績を作らなきといけないという苦心で、慌てすぎたのだ」とした。

金議員は「日本軍慰安婦問題も、この政権は3年6ヶ月の間、なにも解決したことがない」とし「日本がさらに進んで謝罪と賠償をしてくれる」という天の恵みのようなことだけを待ち望んでいる。全く悪い政権としか言えない」とした。

ムン・ジェイン政府初代大統領民政首席だったチョグク前法務部長官と金元雄(キム・ウォンウン)光復会長についても指摘した。金議員は「大統領府首席秘書官という方が、竹槍の歌を叫んで、資格さえ疑われる光復会長が『破墓』云々して反日感情をあおった」とし「大統領府は韓日GSOMIA破棄を取り上げて、No安倍・Noジャパンを叫んだが、その方々は今はどこに隠れているのだろう」とした。続いて「あの竹槍は、日本に向けたものではなく、国内で反対する人たちを刺すための選択的憤怒の武器だったのか」とした。

 

金議員は「前は現実性のない大声を出して国民をだまし、裏では国民の税金で日本と卑猥な裏取引をするぐらいなら、これはもう詐欺師だ」とし「反人倫的犯罪を犯した日本企業の罪の代価を払えと怒鳴って叱るべきなのに、賠償すれば税金で補填してやるというのは、李完用も感心するほどの屈辱だ。これは歴史歪曲であり、親日でなければ何だというのか」とした。

金議員は「現政府には、嘘と偽善に満ちた『私がやればロマンス、他人がやれば不倫』な人たちばかりだから、日本が韓国をおこがましいと思っているのだ」とし「ムン・ジェイン大統領とカン・ギョンファ外交部長官は、一体、日本とそんな裏取引をしているのか、詳細に明らかにし、国民と歴史の前に謝罪しなければならない」とした。先に、大統領府は朝日報道と関連し、「事実無根」という立場を明らかにした>

 

いや、ま・・なんというか。爆弾シリーズには笑ってしまったけど、本当に、韓国では、『反日』も『親日』も、相手を攻撃するには本当に便利な武器だな・・と改めて思いました。この案に反対している私としては心強い(?)側面も無くはないですが(笑

ちなみに、キム議員は「菅総理の訪韓のため」と指摘していますが、朝日新聞の報道では、この案は春頃(安倍総理のとき)に韓国政府が提案したとなっています。ただ一つ、本件を現政府が「実績」だとは思ってないでしょうけど、文在寅大統領が『何か実績がほしい』とアセっているのは事実だと思います。最大の実績は「戦時作戦統制権の(韓国軍への)移譲」になるはずでしたが、どうやら雲行きが怪しくなっているようでして。

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5