GOTO GOTO! 箱根の温泉旅館で

ただいま帰ってきました。箱根の温泉旅館で、今回は何もせず、他に何もせず浸かる寝る食べる浸かる寝る食べるを繰り返してきました。雨が降りましたが、もともと旅館の外に出るつもりが無かったので、ノー・プロブレム。宿泊料は1万円以上安く出来たし、地域共通クーポンも使って、いろいろとGOTOには世話になりました。料理と皿や器の話でもしてみたいと思います。

韓国では、料理やご飯を入れる食器は、基本的に『그릇』と『접시』だけで区別します。一般的な日本語訳では前者が器、後者が皿になりますので、以下、便宜上、そう書きます。

 

器は汁を入れることができるもので、日本で言うどんぶりや茶碗のようなものを意味します。今は韓国にも、日本旅行などで日本の様々な器に接して惚れた人も多いし、和食器、日本食器という名で韓国でも日本の食器(比較的安いものですが)を買うことができます。でも、少なくとも私の世代では、皿はとりあえず『丸い』ものだけで、しかもほとんどは真ん丸なものでした。だから、韓国ではUFOのことを『飛行する皿(비행접시)』と言います。皿とは円盤の形、それが一般的な認識だったからです。焼き魚を置くための楕円形の皿、「魚皿(생선접시)」ならありましたけど。また、これといった知識はありませんが、韓国の器や皿は、ほとんどが磁器でした。

 

日本の食器は、ずっと種類が多く、また、結構高い料理でも、その器や皿はセットではなく、いくつかの種類、それぞれ違う文様のものが出てきたりします。それが、ある種のコーディネートを作り出しているのではないか、そう思うことがあります。今回の旅行でもそうでした。以下、料理の写真とともに、紹介したいと思います。

 

冷たい状態で飲むのがオススメということで、両方、氷が入る酒器でした(酒には氷が直接触れないようになっています)。

 

個人的に、今回もっとも「あ、いいな」と思った組み合わせが、このステーキの写真です。ステキです(HAHAHA

 

 

二枚目が気に入って、ブログの扉絵にしようかと思ってます。

 

いつものことですが、気持ちよく帰ってこれるというのが日本旅行の最大の特徴(韓国での経験に比べると圧倒的すぎます)。次は来年・・ちょっと仕事が落ち着いたら、またどっか行ってみたいと思います。日本の素晴らしい文化に敬意を!

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+159

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5