日本、早くも「菅・文 宣言」を拒否か

あの「スガムン宣言」、続報です。ついスーガームーン!と書きたくなるのはなぜでしょうか・・はともかく、早くも「難しいんじゃね」な記事が出てきました。以下、毎日経済の記事から引用します。短い記事ですので、珍しく全訳してみます。

<<日本を訪問中のパク・チウォン国家情報院長が、10日、菅義偉総理に会って「金大中・小渕宣言」に続く新しい韓日共同宣言を提案したと、日本のマスコミが11日報道した。1998年当時の金大中大統領と小渕恵三総理は「21世紀の新しい韓日パートナーシップ共同宣言」をした。このような新しい韓日関係の方向を盛り込んだ「ムン・ジェイン - スガ」宣言を発表しようと提案したというものである。

 

金大中・小渕宣言は日帝植民地支配に対する日本側の謝罪表明と未来志向的な韓日関係の発展についての内容が含まれた。宣言には、また、2002年のサッカーワールドカップの日韓共同開催に向けた両国国民の協力を言及する内容も含まれた。これと関連し、パク院長は、新しい日韓共同宣言は、来年7月に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの成功にも貢献という考えを示したと毎日新聞は伝えた。

 

しかし、日本政府関係者は、毎日新聞に「宣言によって、日韓間の懸案が解決できる保証がないし、現実的ではない」とパク院長の提案を評価下げした。朝日新聞も「元徴用工(日帝徴用労働者の日本式表現)の問題がある状況で、新しい韓日共同宣言は現実的ではない」とする日本政府関係者の否定的な評価を伝えた。共同通信は、菅総理が「現時点では(パク院長が提案した)新しい宣言の検討に難色を示した」と診断した>>

 

『金大中・小渕宣言は日帝植民地支配に対する日本側の謝罪表明と未来志向的な韓日関係の発展についての内容が含まれた。宣言には、また、2002年のサッカーワールドカップの日韓共同開催に向けた両国国民の協力を言及する内容も含まれた』。これが、いまどうなっているのかを考えてみれば、実に無意味なことだと誰もが気づくでしょう。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5