韓国、必死? 今度は与党代表が『無条件で日韓首脳会談を』

韓国政府・与党が、「日本よ仲良くしてくれ!」と必死になっています。今度はイ・ナギョン与党代表が、日韓は無条件で首脳会談すべきだと主張しました。院内代表は「首脳会談こそが、安倍前総理の企みを打ち勝つ道だ」、とも主張しました。以下、文化日報の記事、そう長くないので全訳してみます。

<<イ・ナギョン共に民主党代表が、13日、「韓日首脳が条件なしに会うのが優先されなければならない」と、両国間の首脳会談を提案したことが分かった。強制徴用問題、日本の輸出規制措置などで韓日が対立している状況で、与党の代表が日本を「もっとも近い隣人」と称し関係改善の意志を強調したものであり、注目される。この日、共に民主党は、韓日首脳会談の年内開催の必要性も提示した。

韓国国際交流財団(KF)と日本国際交流センター(JCIE)が主催し、ソウル グランドハイアットホテルで非公開で開かれた第28回韓日フォーラム参加者によると、イ・ナギョン代表は基調講演で、「韓日両国が未来指向関係を確立していくように努力しよう」と述べた。韓日関係に理解が深いイ代表が1年以上、事実上断絶状態に置かれた韓日関係回復の必要性に言及したのだ。

実際に最近、国家情報院長、韓日議員連盟などの相次ぐ訪日で、両国関係が改善の糸口を見つけるのか関心が集まっている。フォーラム参加者は、「イ代表が来年7月東京オリンピックは韓半島の平和定着のための機会になるだろうとも予測した」と伝えた。政府が年末年始、韓日関係回復を通じて、北朝鮮にも対話の扉を開く、朝鮮半島の平和プロセスの推進の意志まで出したという解釈が出ている。

 

キム・テニョン院内代表は最高委員会議で「韓日関係は歴史を経済に帰属させた安倍晋三前総理によって梗塞された。これを突破するためには、韓日首脳会談の早期開催が望ましい」とし「年内韓日首脳会談が開催されると、歴史問題を決着させ、未来志向的な韓日関係を確立していく韓日新時代宣言2020を採用することもできる」と述べた>>

 

一つ前のエントリーと重複する内容を除くと、あまり書きたいこともありません。ただ、見方にもよりますが、文在寅政府が米朝首脳会談の仲裁に失敗した理由は、いや無数にある理由の中の一つは、『とりあえず首脳会談さえ出来ればなんとかなる』という近視眼的なやり方です。今回も同じく首脳会談首脳会談とうるさいけど、会って何をするのでしょうか。どうせ、会って、日本側に適当なことを言わせて、言質でも取るつもりでいるのでしょう。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+105

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5