韓国議員団会長『元徴用工問題はこのまま縫合して、他の件で日韓協力しましょう』

帰国前に記者会見を開くとしていた、韓国の議員団。何を言うのかと気になって調べてみたら、『強制徴用問題は悪化しないように縫合して(このまま蓋をして)、他の件で日韓協力を進めよう』と言いました。しかもその前提が、『現金化ってそう簡単には出来ないだろうし』です。一切の信憑性がありません。しかもこれを言ったのは、あの『日本は慰安婦像撤去を主張する前に、自分の非良心から撤去せよ』発言で有名なキム・ジンピョ韓日議員連盟会長です。そもそも、1965年に終わった問題を掘り返しておいて、今になって「縫合しよう」って、何の冗談なのでしょう。以下、ソウル経済の記事から部分引用します。

<<キム・ジンピョ韓日議員連盟会長(共に民主党議員)が「出来れば全ての韓日の懸案を一括妥結できるといいけど、それが出来ないなら、徴用問題はもっと悪化しないように現状のまま縫合して、他の懸案に対する交流と協力を推進することが必要だ」と述べた。

キム会長は14日、日本東京都内のホテルで韓国マスコミの東京特派員団との朝餐懇談会で、日本側関係者に会って、このような意見を伝えたと明らかにした。キム会長は「(徴用賠償訴訟と関連した日本企業の資産売却の手続きが)いくつかの技術的な理由もあってそう短期間でするのは簡単ではないはずだ」とし「条件と環境が好転して、東京オリンピックが終わるまで、両国が交流・協力を活発にし、他の懸案を解決していけば、両国の国民の信頼が高まることで、徴用問題に関連した決断を下すにも有利な条件が作成されるだろう」と述べた。

 

続いて「徴用問題をめぐる解決策は、両国の外交当局が2年間、出せるすべての選択肢について協議し、議論した」とし「両国の反日・嫌韓感情のせいで、今の段階で、両国の指導者が決断を下すには非友好的な条件だ」と付け加えた。

また、キム会長は訪日期間、日本側に「これまで韓日関係が困難なときに、両国関係の改善に支えになった両国議員連盟が主導的に条件を作っていくため、様々な交流・協力を広げていこう」と提案し、日本のパートナーである日韓議員連盟もこれを受け入れたと発表した。キム会長は「両国首脳ができるだけ早いうちに出会って、すべての問題をすべて打ち明け疎通し、決断する必要があると(菅首相に)要請した」と述べた。韓日議員連盟幹事長であるキム・ソッキ国民の力議員も、今回の訪日を通じて「(菅首相の韓中日首脳会談出席に)少しは貢献できたと思う」とした・・>>

 

すなおに「やっぱりダメでしたごめんなさい」と言えばよかったのでは・・な気もしますが。ちなみに、菅総理は『きっかけは韓国側が作るべきで、その点を文大統領にも伝えてほしい』と話した、と報じられています。韓国側の反応はこれぐらいにして、この件で日本がどう反応したかは、まとめて次にエントリーいたします。明日はいつもどおり、朝早い時間に更新します。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+114

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5