聯合ニュースTV、「被害者への補償に日韓首脳が合意済み」と単独報道

聯合ニュースTVが、「日韓はすでに被害者への補償に合意しており、最近の韓国側の動きはそれに基づいたものである」と単独報道しました。「確認されました」「ここまで具体的な話は初めてです」としています。他のメディアでは一切こんな話は出ていません。妙なことに、朝9時半の時点で、本体(聯合ニュース本紙)でも確認できません。とりあえず、該当部分を引用してみます。聯合ニュースTVです(動画の自動再生にご注意を)。

<<日本の強制徴用問題と関連し、文在寅大統領と菅義偉日本総理が「被害者に補償する」という原則に合意したことが確認されました。最近の一連の韓日ハイレベルの疎通は、このような合意を基にしたというのが、与党側関係者の説明です・・

・・(最近の相次ぐ訪日など韓国側の対応を説明したあと)このような機敏な動きのもとでは、韓日首脳の原則的な共感がありました。ある与党側関係者は、聯合ニュースTVとの通話で、「両首脳が強制徴用被害に補償をしようということに同意した」とし「補償の方法について、大統領府と外交部が相手のカウンターパートとより頻繁に会って熟議した後、両首脳に決断してもらおうとする方針だ」と説明しました。

これまで韓日首脳が徴用問題の解決に努力する旨の立場を明らかにしたことはあるが、具体的に双方が「被害者補償」の原則に意見を集めたと確認されたのは今回が初めてです・・>>

 

 

まず、報道によると最近の韓国側の動きはその合意に基づいたものだ、ということになっっていますが・・・それら、パク院長や議員団の訪問に対する日本側の反応(読売の報道などによると『ゼロ回答』となっています)、そして大統領府室長の訪日が取り消しなどが、「本当に『首脳同士の合意に基づいた流れ』なのか?」と疑問です。とてもそうは思えません。

なにせ、そんな土台の上での訪日だったなら、会談日程も予約せずに、二階氏を介しての『表敬訪問』の形になったりはしなかったはずでは・・と思いますが、私がおかしいのでしょうか。

とはいえ、下手に否定も肯定もしません。こんなニュースがありました、という情報の意味で更新致します。

※次の更新はいつもより遅れます。しばらくお待ちを・・※

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

135+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5