キム・ジンピョ氏、今度は「日本が金正恩氏を公式招待すると言った」

率直に言って、この前、キム・ジンピョ氏が「菅総理の目は笑っていた」とするソース記事を読んで、「ああ、訪日『ノルマ』が達成できなかったんだな」と思いました。どうしても肯定的な流れが作りたかったのでしょうか。他はともかく、保身のためにも。でも、それでも「目で笑っていた」はあまり効果が無く、一部のネットメディアではバカにされました。

それから、私は内心、「次は『菅総理は空中に浮遊していた』ぐらい言ってくれないかな」と期待していましたが・・ちょっと期待はずれの発言が出てきました。「日本の高官から聞いた話だが、金正恩氏さえ応じるなら、日本政府は金正恩氏を東京オリンピックに公式招待すると言った」というのです。とりあえず、中央日報から引用してみます。

<<韓日議員連盟会長であるキム・ジンピョ共に民主党議員が17日、「日本政府が、来年7月の東京オリンピックにキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長を東京に招待する意向を明らかにした」と述べた。12〜14日に来日した彼は、この日、中央日報との単独インタビューで、日本政府高官との面談内容を公開し、「金委員長に参加の意向がある場合、オリンピック組織委員会を通じて正式に招待することができる」と伝えた。インタビューは、京畿道 水原のキム・ジンピョ議員の事務所で40分間行われた。

金議員は、訪日日程中、菅義偉総理を含む関係者に東京オリンピックの成功のためのコロナ19防疫協力と東京オリンピックブーム造成のための事前のスポーツ・文化交流協力、北朝鮮のオリンピック参加という3大協力方案を提案し、多くの共感を得たと紹介した。

彼は「この3つの案を話したところ、非常に多くの人が共感し、特に菅総理は「韓国側が東京オリンピックの成功のためにそのように交流協力をしてくれるなんて感謝する」とはなしたと伝えた・・>>

 

金正恩氏の東京オリンピック参加。もしこれが本当なら、「日本人拉致被害者問題を議題にする」を絶対条件にしての会談と共に進める必要がありますが、その前提を満たすことは、いまの北朝鮮には無理でしょう。

それに、キム・ジンピョ氏・・韓国側が『東京オリンピックで日米南北首脳会談』を狙っているとする記事は、数日前からあったし、氏はマスコミインタビューで何度もオリンピックと南北対話を繋げる趣旨を話しました。

なのに、なんで今になって急に「日本が招待すると言った!」と言い出したのでしょうか。南北対話と東京オリンピックを繋げるには、この話を真っ先にしておく必要があったのではないでしょうか。ソース記事を読んで私が真っ先に思ったのも、「ああ、追い込まれているな、この人」でした。そのせいか、あまりピンときませんね、この話は。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

115+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5