韓国紙「あの・・カン大使内定者、実は日本ではあまり評判がよくありません」

思ったとおり、ユン総長の件で大騒ぎになっています。「大統領がちゃんと前に出て、どう考えているのか言え」という要求が出ていますが、文大統領はチュミエ法務部長官の後ろに隠れています。そういえば、慰安婦合意の不履行を宣言したときにも、カン・ギョンファ長官にやらせて文大統領は彼女の後ろに隠れていました。この件、韓国では続けて話題になると思われます。なにか大きな展開があったら、また紹介します。

今日は、またカン・チャンイル氏関連です。なんと、ソウル新聞が、『あの・・カン・チャンイル氏、日本ではあまり評判がよくないです(小さな声で)』と報道しました。韓国では「日本通の大使に、日本が大きな関心を示している」ということが定説なので、異例の記事となります。以下、ソウル新聞から部分引用してみます

 

<<・・(※日本通がー関係改善のシグナルがーといういつもの内容の後に)しかし、否定的な見方も少なくない。まず、外交部長官に起用するのではないかという話も出回っている南大使(※現職のナム・グァンピョ氏のこと)が、失策をして更迭でもされるような形になった。カン氏の内定発表は、1時間前に日本に通報されたという。韓日両方に、すっきりしない後味を残した。

つぎ、カン氏は日本通ではあるが、日本での評判は良くないという点である。強制動員問題で政府と調整されていない発言を何回もした「自己政治」のイメージが強い。日本がロシアと領土紛争中のクリル4島(※北方領土)を訪問し、日本政官界のひんしゅくを買うなど、戦略的・組織的な思考が足りないという批判もある。

そして、直接案件の解決を持ちかけるほど、文大統領と近い人ではない。この点は特に重大である。

 

だから日本では、「韓日最大の懸案である強制動員問題の解決には役に立ちそうにない人物を対しにして『日本に誠意を見せた』と言うなら、それは困る」という酷評も聞こえてくる。

重要なのは、菅義偉首相から全権を委任された秋葉武雄外務省次官のように、カン内定者が大統領の「本当の解決策」を持って、「特命全権」を行使して、韓日関係を解決できるかどうかにかかっている>>

 

いや、言うのは簡単ですけど・・本当の解決策は『国際法違反状態です』と認めればいいでしょうけど、それが出来るはずがありません。韓国はよく『日本内の嫌韓世論のせいで菅総理は韓国と会談ができない』という主張をしますが、実は韓国が『韓国内の反日世論のせいで、韓国政府は国際法違反状態を認めることができない』状態ですので。昨日の原告関連エントリーもその一例です。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+134

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5