文正仁「韓国と日本が手を組んで、米中葛藤を仲裁しよう」

韓国で、なぜか「沖縄は朝鮮半島において何なのか」というオンラインセミナーがありました。そこで文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が、『韓国と日本が手を組むことで米中葛藤を緩和できる』『来月中に韓中日首脳会談しないといけない。米中葛藤を収めるためだ』などと主張しました。以下、聯合ニュースから部分引用してみます。

 

<<ムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官は26日、米国と中国の対立で「新冷戦」が造成されているとし、「韓国と日本が協力すれば、米中間で仲裁できる空間が生じる」と展望した。ムン特報は自由実践財団の主催で開かれた「沖縄、朝鮮半島にとって何なのか」をテーマにした韓日国際画像セミナー(オンラインセミナー)の基調講演でこのように述べた。

韓日協力の方式については、「来月中に、韓中日首脳会談をしなければならない」とし「韓中日が協議をすると、米中が大きく対立できなくなる」と明らかにした。韓国と日本、中国の首脳が会って、「中国の指導者の前で、韓日が、『このままじゃ死ぬ。米国が要求することを受け入れて』と要請し、また、米国の指導者に会って、『米国は私たちの同盟だから韓日の話を聞くべきだ』と話すべきだ」と述べた。続いて「韓国と日本の指導者がそのような役割をしなければならず、米国と中国を説得して、東アジアが新冷戦に行くことを防がなければならない」と重ねて強調した・・

 

・・鳩山由紀夫元総理も同日、セミナー基調講演に出て、「東アジアの平和と繁栄は、米国と中国だけ任せてなるものではない」と述べた。彼は「米中両国の対立は、長期間に渡って続くだろう」、「韓国と日本は米中の対立が過度にならないよう、両側に自制を訴え、米中関係が好転するように促す必要がある」と強調した・・

・・彼は「現在、韓日関係は徴用工問題をはじめ、歴史をめぐる問題で、非常に困難な状況に置かれた」、「日本の戦争で傷つけた人は、傷ついた人がもう謝罪しなくてもいいと言うまで謝罪の心を続けて身につけるべきだ」と「無限責任論」を強調した・・>>

 

個人的に、「ああ、適当なこと言って、日本を米国側から引っこ抜こうとしている」と思いました。他にも、沖縄は日本の領土だから韓国は気にしなくていいし、米中葛藤で『戦略的あいまいさ』などの態度を取っている韓国を手を組んでも日本にいいことは何もなく、米中葛藤が収まることもないだろうと見ています。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+119

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5