韓国、重患者対応病床が残り10%(数として55)

新型コロナ関連で、韓国が対応できる重患者病床の数が、残り10%だというニュースがありました。「あれ?もう9割使っている?」とちょっと妙だなと思って読んでみたら、どうやらかなり追い込まれているようです。

K防疫を国是のようにしている韓国ですから、「中身はこんなものか」な気がするのも事実です。でも、別に良い悪いではなく、世界どこの国も油断してはならない大事な側面ありましょう。気になって調べてみたら、重症患者に対応できる病床の数は日本のほうかK(格段に)上でした。

以下、ソウル経済の『確診者急増・・首都圏の重患者病床20しか残らず』という記事から部分引用してみます。

 

<<国内新型コロナウイルス感染症(コロナ19)新規確定者が6日に再び600人台を記録した中、首都圏には危・重症患者(重患者)病床は20しか残っていないことが分かった。中央災難安全対策本部は6日午前0時基準で、首都圏に使用可能な危・重症患者病床がソウル9個、京畿6個、仁川5個など20個とした。前日発表よりも3個以上減少した数値だ。

ソウル(185)、京畿(104)の重患者病床稼働率は、それぞれ95.1%、94.2%に達している。最近、首都圏の新規感染者が連日500〜600人台を記録し、危・重症患者の治療のための病床も急速に排出されているのだ(※個人的に、首都圏の場合、「450~500人」と書くべきじゃないかな、と思います)。

 

全国的に、一般重患者病床と新型コロナ患者専用重患者病床を合わせると、合計550個が。このうち、すぐ入院することができる病床は10%である55個だけである。人工呼吸器や人工心肺装置(ECMO)、高流量(high flow)酸素療法などが必要な危・重症患者が必要とする病床の90%がすでに使用中なのだ。大田・全北は各13個、忠南は12個、全南は4つのベッドを確保したが、すべての病床が使用中である。蔚山9個、済州6個、江原5個、釜山・大邱各4個、光州・忠清北道・慶北各2個、慶南1つの病床だけが残っている状態だ。

 

専門家は、危・重症患者の治療のための病床不足は、死者急増につながる可能性があると懸念している。キム・ウジュ高麗大学医学部教授は「重患者病床は、高度に熟練した労働力と最先端の設備などが必要なため、簡単に増やすことができないだけに、防疫システムでも重要な要素となる」とし「このままコロナ19流行が続く場合は、危・重症患者病状不足で適時に治療が受けられない患者が増え、死亡者が続出することもありえる」と警告した・・>>

 

読み終わって、しばらくボーッとモニターを見つめた後、「ええーーーっ!」と叫びたくなりました。これはもう少し大きく報道されてもいいのでは・・?

気になって日本の場合はどうなんだろう?と調べたら、単純比較でいいかどうかは分かりませんが、「重患者対応ベッド数は3478、11月25日時点で25%使用中」だそうです(NHKの特設サイトより)。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+101

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5