韓国マスコミ「来年の南北関係は期待できる。なぜなら、北朝鮮が1ヶ月以上も韓国を非難していない!」

韓国のイ・インヨン統一部長官が、対北支援に関する包括的制裁免除を推進すると話しました。この前の「対北ビラ禁止」法の成立は「北との合意を守るために成し遂げた」もので、北朝鮮もこの努力に応じるべきだ、とも。まず、TV朝鮮から引用してみます

<<イ・インヨン統一部長官が国連と協議して人道支援と関連した対北朝鮮制裁免除を包括的に受けるなど、人道協力分野の対北支援の手続きを効率化すると発表した。

 

イ長官は4日、政府ソウル庁舎の執務室で、北朝鮮協力民間団体協議会の役員たちに会って、「国連の対北制裁委員会と、免除手続きの改編を継続的に協議しなければならないと思う」とし、団体が年間計画で支援項目を定め、一括的に制裁免除を受ける『包括的パッケージ』などの方式が可能になるよう推進すると述べた。また、南北首脳間の合意事項の履行機構を北朝鮮と共同で組成したり、場合によっては、私たちがまず移行機構を構成して、北朝鮮が呼応するように誘導する案も検討すると明らかにした>>

 

続いて、『韓国はこんなに合意をちゃんと守っています。北朝鮮も守ってください』と話しました(意訳です)。こちらはイーデイリーです

<<イ・インヨン統一部長官は、対北ビラ散布を禁止する法案が国会外交統一委員会を通過したことと関連し、「軍事境界線周辺住民の生命と安全を守る措置であると同時に、南北合意を履行しようとするもう一つの努力である」と述べた。それとともに、北朝鮮が、南北が締結した各種合意と約束を履行するよう、積極的に呼びかけると話した。イ長官は4日午後、韓国国際政治学会年次学術大会の基調演説で「政府は、今後も南北が合意した事項を、一貫して守っていく」とし、このように明らかにした・・>>

 

一部ではありますが、マスコミ側もこんな動きを直接・間接的に支持する動きを見せています。一つ取り上げて終わりにします。

拙著<「反日」異常事態>の帯にもなっていますが、「日本人は、検査キットが欲しければ『日本人でごめんなさい』と言うべきだ」と堂々と放送していたYTN。今朝のことですが、そのYTNが、『来年の南北関係は期待できる』と主張しました。

その論拠は、『北朝鮮が一ヶ月以上も韓国を非難していない』。この「一ヶ月以上」が、北朝鮮が韓国を非難しなかった最長期間だそうです。「こんなに長く非難しないなんて、これは相手が私に好意を持っているに違いない」といったところでしょうか。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5