韓国「インフルエンザワクチン 死亡問題」、現状は

日本でも報じられた、韓国の「インフルエンザ ワクチン 死亡問題」。108人が亡くなったというところまではニュースが溢れていましたが、それからは急に静かになり、昨日、ある種の「結論」が出されました。「108人全員、ワクチンのせいではない。それから30万人が接種したが、死亡者は一人もいない」です。個人的に、この問題はもっと長いスパンで見ないといけないと思っていました。ですが、「1ヶ月足らずで108人死んだけど、それから1人も死んていない」と言われたからには、これ以上待っても意味がないと思って、今日エントリーします。以下、まず聯合ニュースから部分引用してみます。

 

<<保健当局は、今年インフルエンザ(インフルエンザ)ワクチン接種後に死亡したと報告されて108人全員、インフルエンザワクチン接種と死亡の因果関係は無いと判断した。5日、疾病管理庁によると、「2020~2021季節インフルエンザ予防接種」を開始して以来、この日0時までのワクチン接種後数日以内に死亡したと報告された事例は、合計108人と集計された。これは一週間前の先月28日0時まで申告された数値と同じである・・>>

 

ここからはニュース1です

<<インフルエンザ ワクチンの予防接種が、1週間で30万件追加接種され、異常申告反応は15件増えたが、死亡届け事例は108件で、先週と同じだった。

5日、疾病管理庁(以下、疾病庁)によると、「2020〜2021の季節インフルエンザ予防接種」の現状は、この日の午前0時基準2024万件が登録され、無料ワクチンの国家予防接種事業対象者の接種件数は1355万件である。先月28日0時基準と比較して全体の接種件数は約30万件、無料接種は18万件増加した。インフルエンザの予防接種後に異常反応事例として報告されて件数は2017件で、先週に比べ15件増加した。

異常反応の申告後に死亡した事例は108件で、先月28日0時基準で、それから追加死亡事例は発生していない。疾病庁は108件すべての疫学調査及び被害調査班審議結果、死亡とワクチン接種との因果関係が認められないと判断した・・>>

 

この問題が話題になったとき、10日間で60人以上が亡くなったと報じられました。もちろん、亡くなった全員の死因がワクチンだったとは思えません。しかし、『同じ報告があるが、やはりワクチンと因果関係は無い』とするなら、まだ分かります。その場合は、長いスパンで、例年と比べてみれば分かるでしょうから。でも、死亡に関する記事も急に消え、『死亡事例の届け(届け出の時点では、その死因が本当にワクチンなのかどうかは未確認です)』すらまったく無くなったということは、不自然な気がします。

やはり気になるのは、それよる少し前(9月22日)に一部で取り上げられた、『変質ワクチンの流通』関連記事です。その時に流通されたワクチンが使われた可能性と繋げて考えるべきではないのか・・とは思いますが、『もう1件も無い』と公式発表されたからには、確認することは出来ないでしょう。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5