例の慰安婦ゲーム、政府支援の制作費はどこへ?『無料エンジン』『グラフィックが凄惨』『ポリゴンの塊が浮いてる』

本ブログでも紹介しましたが、政府支援まで受けて作られた慰安婦ゲーム「ウェンズデイ」。ですが、個人制作ゲームよりクオリティーが低く、しかもunityの無料ライセンス(ゲーム制作エンジンunityは、無料と有料ライセンスがあります)部分を主に使っており、政府支援の制作費はどこへ行ったのかと話題(?)になっています。ゲームメディアによると、「グラフィッククオリティーが凄惨なレベル。顔は半分作って左右反転、ポリゴンの塊が浮いていて、テクスチャは飛んでいく」とか。以下、「ゲームショット」というゲームメディアの記事から部分引用します。画面キャプチャー元も同じURLです。

 

<<・・ゲームがプレイヤーに見せようとするメッセージ性は全般的にいい。しかし、冷静に評価して、ゲームそのものとしての完成度は、色々な面であまりにも物足りないと言うしかない。

ユニティ(Unity)エンジンをベースに製作された本作のグラフィック・クオリティは、凄惨である。2020年に制作され現時点に出てきたゲームだなんて信じがたいほどだ。

背景と物、文字の質感などをはじめ、全体的なディテールは、2000年代初頭のゲームと言っても納得できるレベルで、階段現象(ジャギー現象)、ポリゴンの塊が浮いているし、テクスチャ飛び(テクスチャーのズレ)現象もかなりひどい。

 

さらに人物の場合、顔を左右反転して誠意なく適当にモデリングしたものが目立つ。人物のモーション作業を基にしてゲームを作ったそうだが、その動きはまるで木石で、あまりに不自然である。こんなものなら、いったい何のために高価なモーション作業(※多分、モーションキャプチャー)をやったのか疑問でしかない。

 

このように本作のクオリティは、政府支援事業や資金調達などを通じて得られた数億ウォンで製作されたゲームとは言えず、凄惨で、大学生の卒業作品より低級である。いったい、その開発費はどこに行ったのか。高額の投資を受けても、この程度しかクオリティが出せない技術力なら、それはそれで、別の意味で実に驚きだ・・>>

 

また、オンラインコミュニティーを中心に『(政府支援まで受けておいて)ゲームの開発に使用されたのは、無料unityエンジン』という問題が提起され、ゲームファイルを分析した結果、本当に無料エンジンだったことが明らかになった、とのことです。

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5