韓国大統領府秘書官、極秘訪日・・日本は韓国案を拒否

本エントリーは中央日報ですが、元ソースは文藝春秋です。こういう「日本ソース→韓国ソース→本ブログ」のエントリーはいつもそうですが、元ソースからの引用部分でも文藝春秋とはニュアンスの違う文章になっている可能性もあります。あくまで『中央日報』の文章の訳である点、ご理解ください。

韓国大統領府の秘書官が2回も極秘裏に訪日、『日本企業資産の現金化と同時に、韓国政府が補填する』という案を提示した、との内容です。日本側は『裁判結果を受け入れろと言っている以上、それはダメだ』と拒否したとのことです。以下、引用してみます。

<<大統領府が、最近二回も国家安保室所属秘書官を日本に極秘裏に派遣し、強制徴用問題などの懸案を協議したことが分かった。9日発刊した文藝春秋2021年1月号は「徴用工問題、韓日秘密交渉の全貌」という記事で、昨年10月と11月、当時大統領府国家安保室のパク・チョルミン外交政策秘書官が、2回日本を訪問したと伝えた。パク前秘書官は、今月初め、駐ハンガリー大使に赴任した。

 

文藝春秋によると、パク前秘書官は10月11日、日本を訪問し滝崎成樹 外務省アジア大洋州局長に会った。この席で、パク秘書官は強制徴用被害者の賠償問題と関連し、 「日本の被告企業の差し押さえ資産が現金化されると同時に、韓国政府が損害を保持する」と提案した。これに対して、日本側は「もし(補填が)同時に行われる場合でも、判決執行を認めろというのは変わりがない」とすぐに拒絶したことが分かった。

パク前秘書官が第二の日本を訪問したのは、11月19日で、パク・チウォン国家情報院長とキム・ジンピョ韓日議員連盟会長などが来日した後だ・・>>

 

 

2回目訪日に関しては、(中央日報の記事には)北朝鮮問題などを話し合ったとの内容はありますが、元徴用工問題に関する内容はありませんので省略します。

他に、パク・チウォン国家情報院長は菅総理に『菅・文 共同宣言』などを提案したとされていますが、韓国大統領府から「パク・チウォン院長の提案は、無かったことにしてくれ」と日本側に要請があった、とのことです。

もしこの話が本当なら、『ああ、下手くそすぎる』としか言いようがありません。パク・チウォン氏が大統領府と事前調整していない内容を菅総理に話したとは思えません。雰囲気からして拒否されそうだから、提案そのものを無かったことにしてくれ、ということでしょうか。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+127

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5