光復会会長『親日清算を邪魔する人の碑石を作ってやる』

光復会長が、死んだ人だけでなく、生きている『親日』な人たちの碑石も作ると話しました。碑石とは、断罪文付き碑石のことでしょう。本ブログでも紹介しましたが、8月、韓国の国会公聴会に、碑石模型が展示されました。下の画像、碑石の黒い部分が断罪文です。

<<共に民主党が、国立墓地に埋葬された親日派の「破墓」議論を本格化した。先月死去し「顕忠院埋葬論議」があったペク・ソンヨブ将軍のパミョ論議も再び火が付く見通しだ。公聴会には親日派墓石の模型まで設置した・・・共に民主党はこの場で、国立墓地法改正の必要性を主張して親日派出身が国立墓地に埋葬されることを防がなければならないと主張した・・(毎日経済>>

 

それの「生きているバージョン」になるのではないか、と思われます。以下、聯合ニュースから引用してみます

<<金元雄(キム・ウォンウン)光復会長は10日、「親日清算できないでいることは、大韓民国の基礎疾患であるだけに、清算を邪魔する親日庇護勢力のリストを作成して、碑石を立てたい」と語った。金会長は同日午後、大田市中区のキリスト教連合奉仕会館2階コンベンションホールで開かれた民族問題研究所 大田支部・大田忠南「ギョレハナ(民族は一つ)」・「世界を変える大田民衆の力」主催の特別講義で、「親日清算せずに国民統合しようという話は、日帝強占期に天皇陛下の臣下になろうと言ったのと同じだ」としながら、こう言った。

 

「韓国の1~21代陸軍参謀総長は全員独立軍を討伐していた人物」という過去の光復節慶祝式祝辞の一部を再び話した彼は、護国英霊(※国を守って死んだ人たち)に黙祷を捧げようとすると、懐疑感がする」とも話した。その理由について、金会長は「ソウル顕忠院(※国立墓地)には日本天皇陛下を称えて靖国神社に眠るのが夢だと言っいた連中もいる」とし「(このような状況で)愛国心なんか出てくるはずない」と声を高めた。

続いて「これに対して問題を提起すると、親日反民族勢力は『親北左派パルゲンイ(※アカ)とレッテルを貼る」とし「いつかはそんな人たちの名簿も記録で残したい」と糾弾した。親日・独裁美化論議を起こした李明博・朴槿恵政府当時の歴史教科書国政化について、「(彼らは)犯罪政権」と非難した。

金会長は、「親日反民族集団から親北左派と言われる人は、まともな人だ」、「(私も)アカと非難されることを誇りに思う。そう言われても何一つ萎縮されなくなった」と付け加えた>>

 

とりあえず、日本総理のサインをもらって喜んだパク・チウォン氏、現金化凍結を主張したキム・ジンピョ氏は間違いないとして・・本ブログにネタを供給したキム・ウォンウン氏、日本側の多数のブログコメント欄で『いつまでも大統領でいて』と言われる文大統領の碑石などが期待できると思われます(違う

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5