クリス・スミス議員「対北ビラ法案を取り消さないなら、韓国を監視対象国にするかもしれない」

米国下院議員クリス・スミス氏が、本ブログでも紹介した対北ビラ禁止法のことで、『その法案を取り消さないと、韓国をウォッチリスト(監視対象国)に入れるかもしれない。ああ悲しい』と話しました。また、韓国の外交が中国に傾いている、とも。スミス議員は、この前、中国から個人制裁を受けた11人の米国国会議員の一人です。以下、アジア経済から部分引用してみます。

 

<<共和党のクリス・スミス米国連邦下院議員が声明を出し、「文在寅大統領の韓国が見せてきた軌跡(trajectory)に、深刻に心配している」と憂慮し、韓国を国務省「ウォッチリスト(watchlist・監視対象)」に入れると警告した。

スミス議員は11日(現地時間)に公開した声明で、「韓国政府がコロナに対応するという名目で、宗教と表現の自由、大統領に向けた批判を抑え込んでいる」と述べた。また、共に民主党が立法強行を予告している「対北ビ​​ラ禁止(南北関係発展法改正案)」に向けて、「愚かだ」とし「(政府が)北朝鮮に過度に頭を下げている」と批判した。

ビラ禁止法については本ブログでも取り上げました。過去エントリーはこちらです

 

それとともに「ムン・ジェイン大統領の国会の同志たちは、なぜ根本的な市民的・政治的権利を無視するのか」とし「愚かな立法は、共産主義 北朝鮮を黙認するものである」と法案の撤回を要求した。続いて、「法案が最終的に通過すれば、私たちは韓国の民主的価値への寄与度を、再評価することになるだろう」とし「韓国をウォッチリスト(監視対象)に入れる可能性が非常に高いと言うことだ。これは非常に悲しいことになるだろう」と明らかにした。また、スミス議員はムン・ジェイン政府の外交政策について、「中国に傾いている」と指摘した・・>>

 

さて、記事でも「与党が強行処理」としていますが、国会外交統一委員会で改正案さえ認められれば、本会議での通過は既成事実となっていた『対北ビラ禁止法』。スミス議員の声明により、何かの変化があるのか・・それとも、南北仲良く監視対象になるのか。文政府にとって、金与正氏への忠誠を示すためには絶対に必要なビラ禁止法。さて、どうなるのか注目されます。

 

※ちょっとだけ追記します※

韓国国会、現在与党無双状態で、このビラ禁止法、早ければ明日の夜に国会本会議に上程される可能性がある、とのことです

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5