韓国政府、基準を変えて『入院待機中死亡者』5人を無かったことに

ネイバーでコメント数2100超え、軽く炎上中の記事です。同じものが、左派支持者が比較的多いDAUMではコメント数24です(YTNの同報道、ネイバーソースDAUMソース 自動再生にご注意を)。韓国政府が急に『療養病院などで転院を待っているうちに死亡した場合は、入院待機中死亡者ではないからね』と基準を変えました。先のエントリーで紹介した6人の5人が『無かったこと』になりました。

 

<<コロナ19患者急増に伴う病床不足で、入院や、他の病院に転院を待っているうちに死亡する事例が相次いでいます。ところが、保健当局が病床待機死亡統計の基準を、わずか数時間で自ら変えて、論議がおきています。午前に発表される新規感染者数は千人前後を記録するものと見られます。

去る1月コロナ19流行以来、自宅で入院を待っているうちに死亡した患者は3人、療養病院で隔離病床への転院を待って死亡した患者は5人です。このうち、2〜3月に大邱・慶北1次大流行当時に亡くなった2人を除く6人が、今月に入って死亡しました。今月に入って新規感染者が爆発的に増加し、『病床大乱』が現実化しているという傍証です。

 

論議が大きくなると、防疫対策本部は再び説明資料を出しました。待機中の死亡は、自宅や入院前の応急室(集中治療室)で死亡した場合を指すものであり、死亡者として明らかにした8人のうち療養病院で死亡した5人は除くというのです。さらに、残り3人のうち2人は1次大流行の時に死亡した事例だから、今月に入っては病床待機死亡者は1人だけだ、とというのが防疫対策本部の立場です。待機中死亡統計基準を、わずか数時間で、自ら変えてしまったのです。

 

【キム・ユン/ソウル大学医学部教授:患者が急激に増えた際に利用可能な病床は、ごく一部だけです。病床が不足しているように見えますが、実は政府が病床をしっかりと確保しなかっただけ、ということなんです ]

重症患者だけでなく、軽症患者も入院や入所をできず、自宅で待機する事例も増えています・・>>

 

『6人・・?1人だけだったよ?』って、なんかホラー映画みたいですね。KK(基準を変える)防疫、半端ないです。これって無敵じゃないでしょうか。敵だけでなく味方も無くなりそうですが。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+112

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5