日本、2月からワクチン接種開始

中央日報が、『日本は2月からワクチン接種ですってー!』な記事を載せました。誰かさんへの攻撃かもしれません。このニュースを中央日報から引用するのも妙な話ですが、部分引用します。

<<日本政府が、来年2月から新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン接種を開始することにした。優先接種対象は5000万人で、これを三つのグループに分けて順番に接種するという計画だ。以後対象を拡大し、来年1~6月内に全国民接種を終えるというのが日本政府の目標だ。

 

24日読売新聞と毎日新聞など現地メディアによると、日本政府は、前日(23日)コロナ19対策の分科会会議を開き、このような方針を立てた。医療従事者を最優先にして、コロナ19に脆弱な高齢者や重症患者をその次にする方式である。

具体的には、最初のグループである医療従事者は400万人で、感染者とよく接する医師や薬剤師、保健所職員、救急隊員や自衛隊関係者が含まれた。次は、高齢者のグループで、65歳以上の人口は約3600万人である。第三のグループは、基礎疾患のある20〜64歳の820万人が主軸である。呼吸器、心臓、癌、糖尿病などの慢性疾患を患う患者とBMI30以上の通院・入院患者、高齢者施設などで働く従業員約200万人がここに含まれる。日本政府は、ワクチンの供給が初期に十分に確保された場合、60〜64歳750万人を優先接種対象者に追加する計画である。

ただし、妊婦した人は接種対象に含まれなかった。ワクチンの効果と安全性に関するデータがまだ不足していると判断からだ。今回の計画を見ると、実際の接種は、来年2月末医療関係者1万人を対象に開始される。以後3月末〜4月初めには、65歳以上の高齢者の接種が行われて、進行状況に応じて、4月以降の基礎疾患の接種を継続する・・>>

 

時事通信によると「改正された予防接種法により、費用は全額国家が負担する」「国民には原則として接種の努力義務が生じるが、ワクチンの有効性や安全性が十分に確認できない際は適用しない」とのことです。順調に進むことを願います。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5