日韓(韓日)議員連盟、来月13日に東京でセミナー・・果たして必要なのか

日韓・韓日議員連盟の国会議員たちが、来月13日に日本でセミナーを開くことが分かりました。これは、個人レベルでビジネスのために入・出国することとも、公式の外交(外交官または政府使節の往来)とも違います。どうしても人が集団で動くことになるし、オンラインセミナーでやってもいいだろうし、なによりこれといった進展も期待できないセミナーを、わざわざ東京でやる必要があるのでしょうか。以下、毎日経済の記事から引用してみます。

 

<<韓日議員連盟合同セミナーが、来年1月13日に東京で開催される。議会外交を通じて梗塞された韓日関係の改善の糸口を作ることができるか、注目される。

24日、政界によると、韓日両国の議員連盟は、来月13日に東京で合同セミナーを開くことに確定した。開催場所は、日本の国会議事堂だ。韓日議員連盟は、今回のセミナーで、議会外交を通じて強制徴用賠償問題で萎縮した韓日関係の改善のための協力強化方案を模索する予定である。

 

キム・ヨンワン韓日議員連盟局長は「韓日議員連盟合同セミナーは来年、東京オリンピックを契機に韓日両国間の政治、文化、スポーツなど多岐に渡って発展方向を模索する予定だ」と語った。

キム局長は「これにより、韓日の懸案問題もトップダウンの雰囲気で解決することもできるだろう」と韓日関係復元への期待感を示した。ただしコロナ19拡散に合同セミナーが実際に開催されることができるかという懸念が提起されている状況である>>

 

まだ「トップダウン」と言っている時点で、やっても無駄ではないでしょうか。しかも雰囲気って何のことでしょう。雰囲気がほしいなら4Dオンラインでも開発すればいいでしょうに。

短いエントリーですが、今日はこれで失礼します。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5