ムンパ(親文支持者)の反撃?判事にネット攻撃、「チョ・グクはイエス・キリストのようだ」、「判事、検事が自◯するまでイジメてやる」

極端な文在寅大統領支持者、「ムンパ(文派)」。文在寅大統領のピンチに、彼らが立ち上がりました。「チョ・グクは私たちのために苦痛の道を歩んだイエス・キリストだ」「判事(ユン・ソクヨル職務停止を取り消した判事を自殺するまでいじめてやろう」など、もはや手のつけようが無い感じです。『ついに集団でイカレタか』と言われている、とも。これでも、無視できない『鉄壁の支持層』を形成し、無視できない政治(支持)勢力になっているムンパ。彼らについての記事を一つ紹介します。韓国経済です

 

<<・・あるネチズンは27日、ユン総長が好んで着る衣装の写真を上げ、「(日本の製品)ユニクロ利用したんだ。ユン総長は親日派だったのか」と批判した・・別のネチズンは、ユン総長が犬を散歩させて、強くリード線を引っ張る写真を上げ、「動物虐待ではないのか」と指摘した。

25日、大統領府の国民請願掲示板には「174席を持つと共に民主党は、ユン・ソクヨル検察総長を弾劾せよ」という請願文も上がってきた。この請願文は27日午後1時現在、6万5000人が同意した。請願人は「ユン・ソクヨルの検察と司法が手を組んで政権を攻撃している」とし「これはクーデターだ」と主張した・・・実際、キム・ドゥグァン共に民主党議員は「ユンソクヨル検察総長弾劾」を公開的に主張している。

 

また、与党支持者たちは、チョン・ギョンシム(※チョ・グク氏の奥さん)教授のために、弁護士費用100億ウォンを集める運動も展開している。あるネチズンは、タンジ日報の自由掲示板に「チョン教授を支持する国民が、少しずつ弁護費用を集めよう」とし「1人当たり1000ウォンずつ、目標は1000万人。これで100億ウォンだ」と説明した。

他のネチズンは「独立運動はできなかったけど、チョ・グクとムンプ(ムン・ジェイン プレジデント)は守る」、「キャンドルかかる心情的に参加したい」などの反応を見せ積極的に支持した。

親与党系のネットコミュニティーには、「裁判官、検事が自殺するまでイジメてやろう」という文があがってきて、議論が起きた。実際、最近チョン・ギョンシム教授の有罪判決を下した裁判官とユン総長懲戒執行停止処分を下した裁判官は、与党支持者からオンラインで攻撃を受けている。

 

他にも、与党支持が強かったグルメ コラムニストファン・ギョイクさんはFacebookを介して「チョ・グクはイエスの道を歩んでいる」と主張して論議がおきたりもした(※読んでみましたが、『私たちのためにあえて苦しい道を歩んでくれたイエス・キリストと同じだ』という内容でした)。

チン・ジュングォン前東洋大教授は、「ついに団体でイカれたか。この狂気はいつまで続くのだろう」と批判した・・>>

 

ちなみに、記事によると、「日本製品不買運動を積極的に奨励していたチョ・グク前長官だが、その息子もユニクロの服を着た姿が捕捉されたことがある」とのことです。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+95

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5