韓国政府「必要なのは慰安婦合意の履行ではない。日本政府の謝罪だ」

慰安婦合意5周年だそうです。当時、『残念だけど、国家間合意である以上、肯定的に活かせることを願いたい』と旧ブログに書いたことを覚えています。コメント欄もかなり荒れていました。もう5年ですね。韓国政府は『必要なのは慰安婦合意の履行ではなく、日本政府の謝罪だ』と公式に話しました。以下、最近ネイバーのほうでよく目にする「ニュース・ピム」というメディアの記事です。

 

<<政府は29日、茂木敏充 日本外相が韓国政府を相手に過去2015年の韓日慰安婦合意履行を重ね要求したのことに対し、慰安婦問題の真の解決のためには、日本政府自らの責任を痛感と謝罪・反省の精神に応える歩みを自発的に見せることが重要であると反論した。

外交部チェ・ヨンサム スポークスマンはこの日の定例ブリーフィングで、「政府は、紛争化(※紛争下の誤記だと思われます)性暴力根絶の努力の主導と参加などを通じて、この問題が日韓二国間の次元を超えて、普遍的人権侵害の問題だという国際社会の認識を強固にして、追悼教育を実施するなど、被害者の方々の名誉と尊厳の回復と問題の真の解決のための努力を続けてきた、今後も継続していくだろう」と述べた。

 

彼は「2015年慰安婦の合意は、被害者中心のアプローチが欠如しており、日本軍慰安婦被害者問題の真の解決には出来なかったというのが、国内外の評価であることを、(※日本側に)思い出させてさしあげたい」とし「人権蹂躙問題克服の核心は、被害者の救済にある。2015年合意は、被害者の意見が十分に収束・反映されなかったので、主要被害者をはじめ合意受け入れは不可能であるとする国民的共感が形成されていたのが、周知の事実だ」と指摘した。

 

また、「2017年の大統領選挙当時の主要候補全員が合意の破棄まで主張したこともあった」とし「日本で主張する国際社会などの評価は、合意の詳細が正しく公開される前に出てきたものである。後に、国連人権機構は合意の不十分さを指摘しながら合意履行時の被害者の意見権利を十分に反映したり、合意内容を変更することなどを勧告する内容を相次いで発表したことを指摘したい」と力説した。

続いて「それでも韓国政府は、この合意が政府間ですでに結ばれた合意という点で、これを破棄しなかった」とし「さらに、この問題が本質的に取り引きのような協商で解決される問題ではないという点も考慮し、再交渉を要求することもなかった」と説明した・・>>

 

オチを書く気にすらなりません。

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5