韓国教授「日本政府が韓国の裁判結果に従えば、両国関係が破綻することは無い」

明後日に迫った慰安婦賠償裁判のことで、韓国内でも、一握りの人たちが「日韓関係が完全に破綻してしまう」という指摘が出ていますが、慰安婦裁判支持者たちは「破綻することは無い。日本政府が韓国の裁判結果に従えばいい」と主張しています。以下、オーマイニュースの記事から部分引用してみます。何人かの意見が載っていますが、本エントリーでは慶北大学キム・チャンロク教授の部分を引用します。いかにも韓国らしい主張でしたので。

 

<<・・キム・チャンロク慶北大教授は、日本と韓国の両国政府の態度について強く批判した。キム教授は、最近、「韓国の裁判所が原告勝訴の判決を宣告すると、韓日関係は破綻する」という声が両国から出ていると嘆き、「日本政府が判決に従うと、韓日関係が破綻する理由がない。韓日関係が史上最悪といわれるようになったのは、日本政府が歴史上最悪の歴史認識を持っているせいだ」と主張した。また、「『韓日関係が破綻する』というのは適切でない表現であり、『韓日関係を破綻させてやる』が実体に合致する適切な表現だ」と説明した。

 

キム教授は続いて「日本政府が『韓国最高裁徴用工判決は国際法違反』という反・法的主張を繰り返しているにもかかわらず、韓国政府は『国際法違反ではない』と言い切れず、『最高裁強制動員判決に基づいて日本企業は損害賠償をしなければならない』とはっきし主張してもいない」と政府の弱腰を批判した。彼はまた、「まず韓国が何かしてみたらどうか、これとかあれとかはどうだろうか」と苦しい言動を続けていくことは、決して司法の判断を尊重する態度ではない。主権国家の基本的にも反する行動だ」と叱咤した・・>>

 

 

基本的に、記事は反人道的な問題には主権免除を適用してはいけない、という理屈を展開しています。でも、昨日もお伝えしましたが、この記事も『主権免除については海外でも反論がある』としながらも、具体的な国際司法裁判所の判例などは提示できないでいます。特に引用部分で、教授は「主権国家」がどうとか言っていますが、彼も含めて記事に登場する全員、日本の主権免除については強く反対しています。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+118

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5