菅総理、ナム・グァンピョ大使との接見を拒否

韓国KBSが、「菅総理が、ナム・グァンピョ大使との接見を拒否した。外交欠礼だ」と報じました。ナム氏は任期を終えて韓国に帰国する前に菅総理と面会(離任接見)を要請したが、会うことができなかった、とのことです。この前、文大統領は冨田大使と面会(同じく離任接見)し、『日本はもっとも重要なパートナー』と話したばかりです。以下、KBSから部分引用してみます。

 

<<菅義偉総理がナム・グァンピョ駐日韓国大使の離任面会を拒否したと知られ「外交欠礼」論議がおきています。2019年5月駐日韓国大使に赴任したナム大使は、日本で1年8ヶ月ほどの活動を終えて、16日の午後、帰国しました。通常、韓国大使が交替されるときは、日本の総理と「離任接見」をしてきたが、今回は菅総理との​​出会いは実現出来ませんでした。日本のメディアはこれを置いて、韓国の裁判所の日本軍慰安婦被害者の賠償判決に対する日本政府の不満が反映されたものだと解釈しました。一方、ムン・ジェイン大統領は14日、離任する冨田浩司駐韓日本大使と大統領府で会いました・・

 

・・冨田大使は先月25日駐米大使に正式発令を受け、後任には相星孝一駐イスラエル日本大使が内定しています。一方、ナム大使の後任駐日大使は、カン・チャンイル前韓日議員連盟会長であり、彼は来週赴任すると観測されます。一方、相星新任駐韓日本大使の赴任の日程は知られていません。これと関連し、日本執権自民党の外交部会は今回の判決に対抗、相星大使の韓国赴任保留などを求める決議文案を採択しました。外交部会は、自民党政務調査会傘下分科会で、近いうちに決議文をまとめて政府に提出する予定です>>

 

大使関連で何かの措置を考えていて、そのための前触れか。それとも単に総理が忙しかっただけか、またはナム大使が菅総理の日程を無視して無理な面会を急に申し込んだのか。理由は分かりませんが、異例な事案ではあります。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+109

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5