カン・チャンイル氏「日本は大国だからそんなセコイことしてはいけない」

一つ前のエントリーの件・・カン・チャンイル氏がその件で、「日本は大国だからそんなセコいことしてはいけない」と話しました。強盗がお金を出さない被害者に「セコイやつだ」と怒る、そんな地獄絵図が頭の中をよぎりました。以下、CBSノーカットニュースから部分引用してみます(※番組進行役のキム・ヒョンジョン氏の質問は引用部分の最初だけ訳して、カン氏の発言だけまとめます)。

 

<<・・(※進行役の人)普通なら、新しい大使が来たら、日本の総理と外相が面談、だから歓談会も開くものじゃないですか。しかし、今回はそれも保留を考えている、と記事になりました。

(※以下、カン・チャンイル氏の発言だけ)そんな記事が載りましたが?日本、そんな欠礼はいけないでしょう。日本も大国だから大国らしくしないと。何でそんなにセコすぎるのだろう?私はまだ聞いていない。私は、日本に行っても2週間は隔離されるし(※新型コロナによる入国制限措置により)。

今、良いメッセージを持って行くのに、会わない理由がないじゃないですか。日本も。だってそうですよね?当然、会うことになりますよ。だって、今回(※新年記者会見など)、大統領も多くことを仰ったではありませんか。また、私を日本大使に任命したこと自体が、韓日関係を正常化させたいという強い意志ではありませんか?

 

 

私はいつも主張してきたんですよ。議員連盟会長だった頃から。このような悪いことが起るたびに、正常化されなければならないのは、両国と両国国民に利益になるからなんです。それは韓国政府にも話したし、日本政府にも話しました。だから私を任命した。それ自体が、私は良いメッセージだと思っをよ。また、日本でも多くの方々が韓日関係正常化されることを望んでいます。だから、あまり日本を誤解しないで、日本はそんなセコイ国ではないという話ですよ、私は逆に。マスコミがいたずらを仕掛ているのでしょうね・・

 

・・(※ここからは進行役の発言も入れてみます)

カンチャンイル氏「日本がそんなことしますか?しないでしょう。考えてみてください。今回ナム・グァンピョ前大使が就任する際に外相にも総理にも会えなかったですよ。しかし、私たちは逆に冨田大使と大統領が会ってさようなら、お疲れさまでした、そう徳談を交わしました。この二つを見たときに、どちらが良いのですか。そうですよね?」

キム・ヒョンジョン氏「そうですとも、そうですとも。セコくないでしょうね」

カン「はい、日本はセコくありません」

キム「(※日本は)セコイことをいままでいろいろやったので、率直にちょっとあれですが、分かりました」・・>>

 

記事を読んで「ああ、面談拒否って本当なんだな」と思いました。というか、話の論拠が『良い/悪い』『大国だから』である点で、いかにもカン国らしいと思いました。韓国としては、国際法違反状態という言葉をもっと重く受け止めてこそ、解決法も見えてくるでしょうに。そうですともそうですとも。

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+111

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5