カンチャンイル氏「元徴用工も慰安婦も、全て前政権のせい。私たちは汚物の片付けをさせられている」

更新が大幅に遅くなりました。申し訳ございません。

明日の朝早い便で日本に来る予定のカン・チャンイル氏(※日本に到着してから新型コロナ隔離期間が必要です)が、日本との感情悪化、元徴用工問題、慰安婦問題などは、全て李明博、朴槿恵など前の政権のせいだと発言しました。以下、KBSの記事(オリジナルはラジオ番組です)から部分引用してみます。

 

<<・・(※日韓関係で)私たちが、本当に、汚物を片付けているという気持ちです。強制動員問題も慰安婦問題も、すべて前の政権の時に始まったのです。裁判、訴訟が起きたが、司法が何もしなかったから、今になって判決が出るから、今の私たち政府がすべての責任を背負う形になりました。

李明博大統領が人気を挽回しようとして、独島(※竹島)を電撃的に訪問し、天王(※原文ママです)については無礼なこと言ってはいけないのに、天王に対して非常に嫌味を言って、実際の事実でもない関係を話したせいで、非常に日本との関係が悪化し、一般国民感情まで悪化させてしまいました。そんな状況で、また、朴槿恵大統領も、その慰安婦問題の合意無しには、絶対に日本と会わないと言っていた方ですけどね、両国の首脳が電話で合意した後にすぐ(※慰安婦合意を)発表してしまいました。

 

私たちがいま困惑しているのが、その時から全部始まったのです。しかし、私たちの政府は、これを賢く解いていこうと、今悪口を言われようとも、準備をしているわけなんです。

汚物と言ったけど、前政権でなんとかしなければならなかった荷物を、私たちが完全に背負って、片付けているんです。

 

(※ここの「~」の部分だけ、番組進行役のチュ・ジンウ氏が話した内容です)わかりました。ムン・ジェイン大統領が新年の記者会見で『韓日間の懸案のために努力している。慰安婦判決の問題が加わって正直ちょっと困惑しているが、なんとかしてみる』と話しました。いくつかの前向きに話はしたものの、日本はパッとしない反応です

 

いいえ。マスコミもそうだけど、韓日の問題で、騒ぎたがる人たちがいます。強硬派が日本愛国主義に訴えてたくて。しかし、それは全体の日本政府とか日本人の意志ではありません。別のメディアでは、非常に良い論調で話をするところがたくさんあるんですよ。

ところが韓国マスコミは、全部おかしな記事ばかり持ってきて記事を書くんですよ。だから騒ぎが大きくなる。私は、日本も韓国も、マスコミが気をつけてくれるといいなと思っています。少しでも良いニュースを紹介してほしいものです・・>>

 

 

前政権の問題ではありません。『韓国』の問題です。国家と国家の問題ですから。

李明博氏と朴槿恵氏も反日だったのはよく分かっています。でも、いまほど露骨に条約を無視することは無かったような。なにせ、慰安婦合意『すら』不履行宣言したのが文政府ですし・・いまになって何を言っているのでしょうか。もう明日には日本に来るという大使が、こんなに『状況の深刻さ』に気づいていないなんて、これはいったい。いや、ひょっとすると、気づいているからこそ「良いニュース頼む」と言ったのでしょうか。でも、良いニュースってあったのでしょうか。朝日新聞すらも「大統領が執行不可表明したほうがいい」と報じていますが。

ちなみに、記事本文に、「天王」というわけのわからない言葉が出てきます。これは、さすがにもう『日王』とは言えなくなって、カン氏が適当に天王という言葉を作り出したのか、それともカン氏は『天皇』と言ったのにラジオ番組を記事に写した人が「天王」としたのか、そこまでは不明です。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5