韓国政府、外務省談話に対して「韓国政府に被害者を止める権限は無い。日本政府こそ責任を持って謝罪せよ」

今朝お伝えした外務省談話に対し、韓国政府(外交部)がスポークスマン声明を出しました。『韓国政府は日本に追加的な請求は要求しない』としつつも、『でも、被害者たちが請求するのを止める権限は無い』とし、いままでの『民間がやっていることだから政府は知らない』というスタンスを維持しました。また、(韓国政府に要求しないで)日本政府こそ責任をもって謝罪せよ、とも。以下、ニューシースの記事から部分引用してみます。

 

<<外交部は23日、日本軍慰安婦被害者らが提起した損害賠償訴訟の判決が確定したことと関連し、「韓国政府は、日本に対し政府レベルでは付加的な請求はしない方針だ」と明らかにした。ただ、政府は、日本政府が韓国政府主導の是正を要求したこと(※タイミング的に、外務省談話のことだと思われます)については、「被害者の問題提起を防ぐ権利や権限を持っていない」と線を引いた。

 

外交部は23日、スポークスマン声明を通じ、「韓国政府は、2015年慰安婦合意が韓日両国政府間の公式合意であることを認識し、同時に被害者の意思が反映されていない政府間の合意だけでは、真の問題解決は出来ないという立場を明らかにしてきた」と明らかにした。

外交部は「韓国政府は、慰安婦被害者と相談して円満な解決のために最後まで努力するだろうが、日本側はまた、自ら表明した責任を痛感と謝罪・反省の精神に立脚して被害者の名誉・尊厳回復と心の傷の治療のための真の努力を見せなければならない」と促した。

 

また「日本政府は、日本軍慰安婦被害者問題は、世界で類を見ない戦時女性人権蹂躙であり、普遍的人権侵害の問題で、国際人権規範をはじめとする国際法に違反したことを直視しなければならない」とし「政府は、判決が外交関係に及ぼす影響を綿密に検討し、韓日両国間の建設的未来志向的な協力が継続されるように諸般の努力を傾ける」とした・・>>

 

 

結局、日本は謝罪しろ、政府は知らない、それ以外の内容はありません。『慰安婦合意は公式合意』と言ったことで叩かれたせいか、今回は『公式合意だけど問題解決になっていない』とまたスタンスを変えています。「問題解決になっていない」→「政府公式合意だ」→「政府公式合意だけど問題解決になっていない」。変形というより合体かな。

ある意味、『国家の政府である責任』を放棄しているように見えます。三権分立だからできない、民間だからできない、などなど・・すべては韓国という国家の一部であり、他国との関係において一つの国家の政府が持つ責任というものを、韓国政府は自覚していません。いや、『自覚してはいけない』と思っているのでしょう。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5