『国際社会が主権免除を認めているのは、韓国より遅れているからだ』???

京郷新聞が『日本の主権免除を認めなかった韓国は先進的すぎる。しかし国際社会はまだ主権免除を認めているから、そこが問題だ』という記事を載せました。言わば『世界はまだ韓国より遅れている。だから問題だ』というものですが・・

皮肉で書いた可能性も無くはありませんし、日本に少しでも有利な要素がある内容を書く際に自分の身を守るための愛国アピールかもしれません。とはいえ、いくらなんでも苦しすぎます。以下、京郷新聞から部分引用してみます。

 

<<・・国際慣習法の国家免除(主権免除)は絶対的ではないが、国際的な『大勢』だ。だから、これを認めなかった韓国の裁判所の判決は、国際法の観点から画期的である。しかし、「あまりにも先駆的』判決であるからこそ、まだ国際的な支持を得るのは難しいことが問題だ。文大統領が困惑したというのは、日本の主張に同調しているためではなく、判決による国家の負担である。正義連が大統領を非難するのは、間違っている。

 

この判決は、韓国の裁判所の先進的認識を示してくれたが、代価は大きいだろう。国家免除は慰安婦問題にのみ適用されるものではない。判決の論理どおりなら、韓国は世界史的な各種事件について国際的な流れと相反する立場を持たなければならない。

韓日間の慰安婦議論は、現在の国家免除の適用の可否で、戦線が拡大した。韓国にとっては決して有利ではない戦線である。倫理的側面で慰安婦問題で守勢になるしかない日本は、韓国を攻撃することができる良い口実を得た。

勝訴したにもかかわらず、賠償を受けることは事実上不可能で、日本が謝罪する可能性はさらに希薄になったため、被害者たちにも実益がない。問題解決はより困難になったし、韓日関係も、より深い泥沼に入っていく・・

 

・・韓国が道徳的絶対優位を持つ過去史問題で、日本に押される非現実ことが行われるようになった原因と責任は、ムン・ジェイン政府だけではない。日本に対する強硬一辺倒の声以外は許さない韓国社会全体の責任である。

日本の問題については、生産的な議論が不可能である。何が国益に役立つか、道徳的優位を維持するにはどのような戦略を立てるべきかを冷徹に議論する余地が許されないからである。韓国では、反日感情を政治・社会的に利用しようとする部類、そんな扇動に振り回され対策のない強硬路線だけ叫ぶ部類、間違った道を歩んでいると知っていながらも知らないふりをする部類だけが存在する。そう歳月が流れた結果が、今、私たちが目撃している韓日歴史問題の現実である。政治家・官僚・学者・法曹・言論・市民団体、すべてが共犯である・・>>

 

 

単に『正義』と『先駆的』を混同しているだけではないのか・・そんな気もします。昨日もちょっと書きましたが、自分の正義に酔ってしまって他は見えなくなっただけなのに、それを『先駆的だ』とし、自分の正義に同調しないものは『遅れている』としているだけ。そういえば、『反日異常事態』にも書きましたが、「相手を『あいつは悪いやつだ』と言うな。『あいつは遅れている』と言え」という主張もありました。根は同じでしょう。

韓国社会全体の責任だ、というのは分かります。しかし、大統領もその韓国社会全体の選んだ結果ではないでしょうか。記者さんは文大統領を弁護したかったのかもしれませんが(そういうニュアンスが垣間見えます)、他でもないこのソース記事の理屈によると、文大統領は『遅れている』ことになります。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+102

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5