韓国教育部傘下財団『もう韓国と日本の力は逆転した。日本人がそう言ってる。これ以上日本を恐れて譲る必要は無い』

東北アジア歴史財団。日韓問題関連でよく出てくる財団です。韓国教育部傘下だと聞きました。その財団の研究委員が、『日本人が証言する韓日逆転』という本を出版しました。もう随分前からあった「嫌韓は劣等感」をメインテーマにしたものがそうです。研究委員は韓国日報とのインタビューで、『もう日本はゾンビ。日本を恐れる必要は無い。日本を恐れて譲歩してきたが、もうそんな必要は無い』と主張しました。本エントリーは書籍のほうではなく、あくまで韓国日報の記事をソースと致します(本は読んでないので)。

 

<<・・(※嫌韓の)始発点は何だったのか。イ・ミョンチャン研究委員は「日本よりうまく行く韓国に対する危機感であり、劣等感の発露」と診断する。彼が最近出版した「日本人が証言する韓日逆転」は、韓国と日本の間に180度変わった『力の関係』を説得力をもって示している。反日感情とか、グクポン(過ぎた愛国)な主張ではないのかという疑いはやめよう。イ研究委員の分析と一致する日本の知識人たちの「証言」が骨組みをなす。日本国内韓半島問題の最高の専門家に選ばれるイズミハジメ(※多分、伊豆見 元)東京国際大学教授は「最終的には、日韓の対立は、変わった力の関係に両国とも慣れていないせいだ」と韓日逆転現象をいやいや認めている・・

 

・・(※政治、経済、民主主義などで日本は韓国に及ばない国になったという内容のあとに)韓日逆転の時代には、韓国はどのような戦略的に取り組むべきか。イ研究委員は、相当数の韓国人たちが盲目的に信じている「日本はいつも正しく、韓国より優れている」という前提を壊すことが優先だと強調している。

「韓日は無条件で協力しなければならないと言う人がいるが、日本はその気が全くないことを考えて欲しいと思います」。だからといって私たちも日本のように「反日」を叫ぶわけにもいかないじゃないか。イ研究委員は、過去歴史の反省から、日本が自ら変化するまで、韓国は「原則」を守り、「名分」を積んでいけばいいとした。

 

もはや日本に遅れていることなど無い韓国が、日本に「仲良く過ごそう」と継続的に宥和ジェスチャーを送ろうというのだ。日本が受け入れる可能性がゼロであるので、ボールを渡された日本への政治的圧力は大きくなるしかない。すぐに日米韓共助を強調する米国に「韓国は努力しているのに日本が変わらない」という点を強調することができる。そのような点で、最近、ムン・ジェイン大統領が2015年慰安婦の合意を認めるという趣旨で発言したのは、戦略的な選択だったという分析だ。

「日本で強制徴用と慰安婦問題と関連した韓国の大法院判決を国際司法裁判所に回付しなければならないという声も出てくる、私たちのほうからそうしようと言えばいいです。絶対負けられない戦いですからね。もはや日本を恐れず、譲歩する必要はありません。韓日関係の新たな未来を作っていく鍵になってくれるでしょう」>>

 

 

「新型コロナの前、『そんな日本』に、なにしに数百万人の韓国人が観光に来ていたのか」と言ってしまえばそれだけですが・・せっかくだからもうすこし私見(私見と書いてオチと読む)を書いてみます。

拙著「反日 異常事態」と同じテーマになりそうです。『卑日』ですね、これは。一つ、文在寅政府になって韓国がそんなに急に発展したのでしょうか?違います。朴槿恵氏の頃には、(韓国が日本を悪者として見下す風潮はいつの時代にもありましたが)ここまで卑日は強くありませんでした。この数年間で韓国が急に大国になったわけではないなら、なんで急に卑日が強くなったのでしょうか。それは、韓国社会が、「文在寅政府になると、何かが大きく変わるだろう」と期待していたからです。でも、現実は変わりませんでした。それでも「よくなった。絶対によくなった」とするために、何か見下す相手が必要だったのでしょう。その結果が卑日の強化です。もともと反日というものがあったから、流行らせるのも楽だったでしょう。それだけのことです。

そもそも、余裕があるなら、まずは国際法を守り、国家間の約束を守るべきです。普通、追い込まれている人、自分の感情をコントロールできない人(劣等感もそうです)が、規則を破るものです。そして、かならずこう言います。『規則が悪い』。追い込まれている人は、規則を『力の関係』で見るからです。規則は『偉い人たちが決めたもの』とする、朝鮮半島儒教特有の考え方です。

 

余談ですが、『貧しい人たちが増えるほど、共産革命が起きやすい。豊かになるほど、共産革命は起きづらくなる』と言われています。私は、今の文政府ほど、韓国の共産主義化の危険が高い時期も無かったと思います。日本以上の国になった韓国で、なんでそんなことが起きているのでしょうか。不思議ですね(棒

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+133

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5