イ・ウヨン氏の寄稿文「これが『契約』でないと何だというのだ」(その2)

その1から続きます

 

・・べ・ジュンチョル:そのような話、どこかで全て聞きましたか?

○○○:全部、噂になってましたよ。私が聞き込みし回って、道を見つけた。どれ、買いますかと聞いたら、(※その男が)買うと言い、いくらならいいんですか、と言うのですよ。それで、「うちの父と母が困っているから、3年の期限で、いくらまでくれますか?」と。すると、「2千ウォンやりましょう」と答えてきた。だから「2,000ウォンって1年に1,000ウォンでもいいじゃないですか。1000ウォンくださいよ」、 「ああ、いいだろう、じゃ3千ウォンやるから、家に帰ってた母と父の同意を受けてきて」というのですよ。

 

 

先の文で私が指摘したように、慰安婦として就職するためには、戶主、○○○の場合は父の承認が必要だった。父は、最初は反対したが、娘の願いに勝つことができず、結局、承諾した。もちろん、父も娘が何をするのかはよく知っていた。

べ・ジュンチョル:ああ、ハンコ、押してもらえましたか?

○○○:はい。そうですとも。「 母か父のどちらかを連れてくるとお金をくれる、祖父母もハンコももらってこい」塗装を持ってこい」、と。あのとき、厳しかったですよ。

べ・ジュンチョル:おいくつでしたか?

○○○:16歳だったかな。バーで2年働いた後だったから。祖父母のハンコまでもらってこいと言うのですよ。祖父母がハンコを押してくれるはずないでしょう。だから、私が父に、私の言うことは信じてくれるんですよ。私がお願いしました。 「お父ちゃん、嫁を買いにきていて、お金くれるって。私は遠いところにお金を稼ぎに行く。お父ちゃんが楽に生きるのみないと私は死ねない。私のお父ちゃん、使いたいだけお金使って、いいもの食べて・・お父ちゃん、私を紹介して(※『同意して』)くれ」

 

 

 

この場合には、前借金の支給には、親がいる必要があった。その代わりに、親や祖父母の同意と捺印が必要だった。父のほかに、なんで母と祖父母の同意と捺印が必要だったかは、まだ分からないけど、連帯保証人になった可能性がある。これが契約でないなら、何だと言うのか。契約条件には、娘を他の所で再び売らないという要求を付ける。

○○○:「そこまで言うんなら、私が紹介するよ(※同意してやるよ)」、父はそう言って、母も父もハンコを押して、「ところで、祖父母のハンコももらってこいって、どうしましょうか」 「それなら、私が書こう」、父が書いて、お婆さんのもお爺さんのもハンコもらって、結局は全員の同意が得られました。父曰く「あなたに私の娘を売ったから、他のところにまた売ることは許さない」と約束を迫るのですよ。私も「うちの父の要求だけど、そうしてくれますか?」と聞くと、 「それはあなたの好きにしていい」(※と『嫁買い』の男が答えて)、「それでは、そのようにしてください。行きましょう」、と。

 

 

 

父は、自分が書いて捺印した。契約書を書いたのだろう。そう、彼女は再び売春婦として働くことになったが、彼女が最初に行ったところでは、彼女を求める客はそういなかった。彼女は、自分の容姿のせいだったと言う。だから、中国の『奉天』に移ることになる。

○○○:それが、ま、客が1人も来ないのですよ。顔がダメですからね。それは、かわいい子を選ぶものでしょう、普通。ダメ顔を選ぶ人なんかいないでしょう。そこ。女が多かったですよ~20~30人はいたんじゃないかな。全員、朝鮮人の女です。私を買ってきた主人の息子に、「私はここにいると、借金が返せそうにありませんよ。他のところに移してください」、 「あんたの父と他のところには売らないと契約を書いちゃったよ」、「私が、本人が承諾したのに、何か問題ありますか?」、 「じゃあ、奉天にいこう。出て行って、紹介所に立ち寄って、誰かがお前を選んでくれるなら、私はそのお金をもらうことにしよう」、 「じゃあ、利息も取る?」 「ああ、私は利息はもらわないよ。お前がうまくいって、家に帰るならそれでいいや」。

 

 

 

他の人に渡さないと、「契約を書いた」と言う。転売しないように契約書に記入したという意味だ。契約書があったに違いない。売春婦になったときの転売過程も、ここで見ることができる。前借金に対する債権はそのまま新しい買い手に移る。そのお金は、利子を受ける場合もあり、免除してくれる場合もあったようだ。彼女が移った奉天の売春宿や慰安所は、民間人と日本軍が一緒に利用するところだった。

べ・ジュンチョル:おばあさん、それで、その家(※奉天の店)には、主にどのようなお客さんたちが来ましたか?

○○○:軍隊も来て、個人も来て、色んな人たちが来ましたよ。

 

彼女は、奉天でもお金を稼ぐことができなかった。今回は、直接 軍隊に付いていくことに決めて、『安徽』省の『蚌埠』にまた移していく。そこの慰安所の所有者も朝鮮人だった。

○○○:で、私はここにもいられないと言った。軍隊についていって、(※軍隊周辺の)村に行って、お金を稼がないといけないと。だから奉天からまた『蜯埠』に行きました。

べ・ジュンチョル:お婆さんの前借金3,000ウォンが、蜯埠の主人にそのまま移ったのですね?

○○○:はい。

べ・ジュンチョル:蜯埠の主人も朝鮮人でしたか?

○○○:はい。全員、朝鮮人です

 

 

 

彼女は中国のどこかから、奉天、また蚌埠(中国安徽省北部の都市)に移した。最初に行ったのは、一般売春宿のようだが、詳細を知ることはできない。奉天で働いたところは、軍人と一般人が一緒に利用するところで、蜯埠のは日本軍専用の慰安所だと思われる。初めて行ったところが一般的な売春宿だったなら、彼女の経路は、一般的な売春婦が日本軍慰安婦になれるプロセスは非常に単純で平坦だったという意味になる。新しい慰安所業者に「移る」ことは十分だったのだ。売春宿の主人同士の間に売春婦の転売が容易に行われていたように、売春宿の主人が彼女を軍慰安所に移すのもさほど難しくはなかったのだ。

ここで提示した事例を見ると、慰安婦になるため契約書を作成したことは間違いない。もちろん契約書なしで口頭契約で処理する場合もあっただろう。この事例で明らかなのは「契約」と「契約書」があったことである。 ○○○が朝鮮で契約を結ぶときには、すでに、中国に行って日本軍人を相手することを明確に知っていたからである。また、交渉を通じて決定された前借金は、契約期間が明らかで、転売には条件もあった。戶主などの同意と捺印も必要だった。慰安婦とその親は、日本軍人を相手するなど、それからどのような仕事をするのかをよく知っていた。転売が行われる場合、前借金が新しい業者に渡される事実も、慰安婦はよく知っていた。契約であったことを立証するために、これ以外に何が必要であろうか。

イ・ウヨン 落星経済研究所研究委員(ペン アンド マイク寄稿文

 

 

ありがとうございます。ついに発売です!(地域によって少し差があります)

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5