日本企業17社を相手にした賠償請求訴訟、5月再開

18日の記事ですが、紹介するのが遅くなりました。17社の日本企業を相手にした損害賠償請求裁判が、5月に再開されます(審理が始まります)。以下、TV朝鮮の記事から引用します。

 

<<日本強制徴用被害者と遺族など85人が、日本企業17社を相手に2015年に提起した損害賠償訴訟の裁判が、5月に再開される。法曹界によると、ソウル中央地裁は16日、日本の住友石炭鉱業株式会社、JX日鉱日石エネルギー株式会社、日産化学工業株式会社など17社の企業に「公示送達」の手続きを進行した。公示送達の効力が発生した後の5月28日、ソウル中央地方裁判所民事合意34部は17社の企業に対する最初弁論期日を開く予定だ。

 

公示送達とは、訴訟相手が書類を受けずに裁判に応じない場合、裁判所の掲示板や官報などに掲載して、内容が伝達されたものとみなす制度だ。このような公示送達の方法で、最高裁は2018年11月、日本強占期時代の強制労働被害者と遺族など5人が三菱重工業を相手に提起した損害賠償訴訟の上告審で、1人当たり1億〜1億5000万ウォンの慰謝料を支払うよう判決した。日本がこれに応じないと、徴用被害者など原告らは三菱重工業の韓国内商標権2件の特許権6件を現金化する法的手続きを踏んでいる>>

 

これは始まりに過ぎません。どんどん増えるでしょう。強制徴用被害者は700~800万人だった、という設定になっていますから。基本的に、同じ判決になるでしょう。最高裁判所の判例がありますから。ここでまた別の判決があるなら、それはそれで呆れたものですが・・これらの裁判結果は、6月には出ると言われています。

韓米日協力がどうとか話題になっている間にも、日韓の戦後関係の根幹となる基本条約はどんどん破壊されつつあります。

 

今日、更新時間がいつもより遅くなって申し訳ございません。大してやることもないのに、なぜか忙しいですね・・夜にもう一つ更新できたら、と思っています。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5