日本、全ての高校社会教科書に「竹島」明記・・韓国政府は「日本は謝罪と反省に立脚した歴史教育をせよ」と猛抗議

韓国政府及びマスコミ各紙が、集中的に日本教科書で騒いでいます。いつものことではありますが、来年から日本の高校・社会で使う教科書全てに「竹島」問題が明記されている、とのことでして。以下、京郷新聞の記事です。

 

<<来年から日本のすべての高校社会教科書に「竹島は日本固有の領土」という主張が追加される。日本の文部科学省は30日、教科用図書検定調査審議会を開き、2022年度から高校1・2年生が使用する教科書の検定結果を確定・発表した。時事通信によると、この日の検定を通過した地理総合、公共など社会科目のすべての教科書で竹島(※原文では『独島』)が日本の「固有の領土」という日本政府の立場が記された。日本と中国が領有権紛争を繰り広げている尖閣諸島(中国名・釣魚島)には、「領土問題は存在しない」という表現が盛り込まれた。

 

現在も日本の高校生たちの多くは、「竹島は日本固有の領土」という内容が盛り込まれた教科書を使用している。 2016年に教科書検定が完了して2017年から使用している社会科教科書35種のうち27種(77.1%)に「竹島は日本の領土」とか「韓国が不法占拠している」などの表現が入った。今回は、このような内容がすべての出版社の高校の社会科の教科書に適用された・・

 

・・日本の右翼史観を広げようとする市民団体「新しい歴史教科書を作る会」が執筆した自由社の中学校歴史教科書も、検定を通過した。この教科書は、日本の太平洋戦争をアジアの国の独立のための「大東亜戦争」と描写し、朝鮮人強制労働で悪名高い「軍艦島(端島)」について、「生活水準が高かった」と評価し、昨年の検定で不合格判定を受けた。

日本軍慰安婦問題については、概ね記述が縮小され、関連する内容がなくなった教科書もあることが分かった。今回の検定では、29社の出版社で250種の教科書を審査した。1種がキャンセルされ、歴史教科書1種は不合格になった。

 

安倍晋三内閣で露骨化された領土挑発の流れが、菅義偉政府の教科書でも再確認されたことで、韓日関係はさらに梗塞される可能性が高まった。日本はこれまで韓国の裁判所の強制徴用と慰安婦被害者の判決に強く反発してきた。

外交部はスポークスマン名義の声明を出し、「自国中心の歴史観に基づいて、過去の事実をありのまま記述しない教科書を検定通過させたことに強く抗議し、即時是正を要求する」と述べた。特に「戦時女性の人権蹂躙であり、普遍的な人権侵害である日本軍慰安婦被害者問題の本質を、日本政府が正確に認識しなければならない」とし「責任を痛感し謝罪・反省の精神に立脚して歴史教育を行うよう促す」と述べた。

教育部も同日、スポークスマンの声明を通じて「大韓民国大統領が3・1節記念辞で『韓日関係の未来志向的発展』を一緒に模索しようと提案してから1ヶ月も経たない時点で、日本が歴史歪曲を繰り返す教科書を検定通過させたことに対して大きく失望せざるをえない」、「大韓民国政府は、領土主権を侵害し、強制動員、日本軍慰安婦などの戦争犯罪を縮小・隠蔽した高校の教科書を日本政府が検定合格させたという事実に厳重に懸念を表する」と述べた>>

 

前にも同じ文章を書いた記憶がありますが・・「まだ全ての教科書に竹島関連記述が載っていなかったのか」と、むしろその方が驚きです。慰安婦問題も、次々と既存の説に反論が出てくるから、教科書に載せるには負担を感じるようになったのでしょう。個人的にこの流れは吉田清治氏関連記事が取り消しとなった件が大きく作用したのではないだろうか、と見ています。持論を書く本ならともかく、教科書の問題ですから。

ちなみに、北朝鮮のキム・ヨジョン氏が、「文在寅大統領は米国産オウムだ」としながら強く非難する談話を発表しました。ミサイル問題などで米国に同調する発言をしたことを皮肉る表現です。ですが、大統領府と統一部が遺憾を表明したという記事があるにはありますが、強く抗議したとかそんな内容はありません。領土主権なら、韓国の憲法的に「北朝鮮は韓国の領土の半分を違法占領している」はずですが、なんでそれに対しては強く言わないのでしょうか。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+101

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5